本文へスキップ

国際知財サービス株式会社は、タレントマネジメントを推進しています

TEL. 045-573-7231

〒230-0003 横浜市鶴見区尻手1丁目11-5









営業崩壊!

皆様が感じているかもしれませんが、自社の営業活動が崩壊の危機に陥っています。 新しい時代、コロナ禍での在宅営業、在宅営業員へのマネジメント失敗等、
これからの企業の業績は、本気になって考えて変えていかなければ低迷していく事になりかねません。







    










テレワークが一般的になり、業績を伸ばしていく為にジョブ型雇用を取り入れていく企業が、多くなっています。人材の配置や登用を勘や経験に頼るのはとても危険です。

在宅勤務が、多くなったこれからの時代に営業員は、どのようにして成果を上げていけば良いか
テレワークに課題、コロナ後、テレワーク縮小という状況が考えられます。
しかし、これからの時代は、在宅勤務が、可能な企業や部署は、継続して在宅勤務のテレワークが続いていく可能性があります。
その場合、一部の営業員の方は、業績をアップさせられない可能性が出てきます。

 本来仕事は、ジョブ型・・・?
 
これからは「採用」「選抜」「パフォーマンス評価」「育成」「サクセッション」→  「再配置」にタレントマネジメントを取り入れていく事が必要です。

ProfileXT® で、アセスメントをしてタレントマネジメントを していきましょう!




 時々、自分を振り返って自分の事を思い出して考える。

あなたは、自分の事を理解している事の重要性に気づいていますか?


研修後、効果の出る社員と変わらない社員の方々がいます

自分が会社を良くするように変えてやる!

自分が、良くしようと思って行動すれば、同じような気持ちを持っている仲間が、集まってくる。

営業診断

自分の営業を診断しましょう。
自分の営業の状況を知る事が、会社の業績を上げると共に自分の生活を守る事に繋がります。













  タレントマネジメントへのアドバイスのページです。










企業は、生き残りの為、更に成長する為に新規の事業を作り出していく必要があります。

新規の事業を作り出していく方法は、次のような方法です。



















決断力をアップさせるには、どうしたら良いか

社員を見抜く人事の共通のデータベースを持っていますか?


研修計画は、定期的に見直さないと業績を上げられない。


研修の目的の中で、大切な事

研修の目的の中で、大切な事は、研修を受講している方々や研修を実施する事を決めた方が、その研修に対してどのように向き合っているかを知る事です。

社員研修の進め方で重要な全社員研修を実施する事

会社を成長させる為に研修は、必要です。今迄やられている通常業務を社員の方々が、実施するだけでは、企業が成長するには、難しいと思います。

中小企業こそ、全社員研修を実施する必要があります。

全社員研修とは、全社員が研修を受ける事です。


研修内製化の方法の為の社内講師の選定方法は、このようにしましょう。

研修を社内で内製しましょう。

会社の状況を知っていて、会社を成長させる為、そして、経費をあまりかけないためには、

研修の内製化が必要です。




  これからの時代に必要なタレントマネジメント

人材アセスメントで、働きやすく業績をアップ出来る会社づくりをご提案します!

営業員のタレントマネジメントをして重要なのは、適任者を選んで、その後やり方を教える事です。

タレントマネジメントをする企業は、増えてきています。
しかし、タレントマネジメントをしてもその後、その方に適切な指導をしなければ、上手く活動できない事が、見うけられています。
その為、タレントマネジメントなんか必要ないというようになっている企業がいらっしゃる可能性があります。






 各担当が、自分一人の人の見方や感じ方で判断した主観で作成した人材データではなく、ProfileXT® で、アセスメントした人材データを使って、人事をする企業は、増えてきました。
理由は、主観で作成した人材データでは、統一した人材データではないため、変化したビジネス社会で、組織の再編をしたいと思っても、今迄のデータでは実際に人材の再配置使えなかったり、実際に人材データがなく出来ないからです。

ProfileXT® で、人材のデータを構築していき、自社でその人材データを使い、組織の運営をしていく事をご提案します。



 人は、見た目ではその人の事を全てわかりません。
   健康診断をして、体の状況を見るのと同様にアセスメントをして、       その方の「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」を知り、その人の事を知り仕事に活かしていくと良いと思います。



 もし、あなたが、マネジャとして部下の「行動特性」例えば、「主張性」が、強い部下か?弱い部下か?
「組織従順性」が、高く権威を受け入れる傾向が強いか?
低く物事のやり方に疑問を持つ傾向が強いか?
「決断性」が、高く、素早く行動に移すか?
低く時間をかけてじっくり考えるか?
等9つの「行動特性」をわかっていれば、部下への指導方法が、見えてきます。
スムーズに部下に対するマネジメントが出来るでしょう!



 ProfileXT® を使ったアセスメントを実施することによって、人材戦略を実施する事が出来ます。




 その部門で、最もパフォーマンスを上げるモデル、パフォーマンスモデルを作成して、各部下を当てはめる事が出来ます。

 なぜ、同じ部署にいる社員で、活躍する社員とそうでもない社員の方がいるのでしょうか。
考えてみたことは、ありませんか?
それは、どこの会社でもあるし、あたり前じゃないかと思われていませんか。
そんなことわかりきっているを思われずにどうしてかと考えて改善していきませんか。
その部署で、活躍出来ていない社員の方でも、他の部署に異動して活躍したという例があります。
それは、どうしてでしょうか?
どうしてそうなるのか、また、これから、どうすれば良いのか・・・詳しくは、クリック






 人事戦略には、人材アセスメントの導入が、必須です。
   配属に活用しましょう!
更に、マネジャや部下がアセスメントをして、自分のマインドを知り、フィードバック・セッションを実行する事によって、お互いの理解が深まり、マネジャや部下もどのような対応をすれば良いかが、わかってきます。
テレワークで働く従業員も増えて、マネジャのマネジメントが難しくなってきた今、人材アセスメントを導入していきませんか?





 会社には、目に見えない問題が山積みなはずです。
   マネジャや従業員の方々は、その問題対応に多大な労力を割いてきました。
今迄は、その問題を各マネジャや従業員の任せてきましたが、社会が複雑化して、いろいろな問題も多くなっている現在、マネジャや従業員に任せるだけでは、大変難しい状況になってきました。
いろいろな問題を解決して、業績をアップしていくためには、人材アセスメントの導入が必要になってきました。
人材アセスメントを導入しましょう!

まずは、課題のあるところから導入を進めていく事をおすすめします。

その導入方法は、次のような進め方です。




  始めは、貴社で気になっているテーマを基に実施


          続いて、階層別に実施



まずは、課題のある所に実施して、効果を確認後、階層別に実施する企業が増えています。




 タレントマネジメントどのように実施していくか?
  グランドデザインをしましょう!


まずは、全体の構想を作りましょう。
そして、一番大事な所から、始めてみましょう!
タレントマネジメントの重要性に気づかれることでしょう。




  グランドデザイン







 各階層で、ProfileXT® を使用することによって、勘や経験に とらわれない統一された人材データが構築できます。
実際に使える人材データをお持ちですか?
自社にどのような人材データがあるかチェックしてみませんか?
自社内にある人材データは、どのように作成しましたか?
その人材データは、これからの時代に使える人材データですか?
在宅勤務の方が、多くなる時代になりました。
テレワーク時代にどのように従業員の方の心のケアをしていくかを考えて実行していく時代になりました。
マネジャは、部下のマインドを理解すると共に、自身のマインドも理解して、部下と対応する事が必要になります。
その為には、共通の方法で集めて長期で、いろいろな事に使える人材データが必要です。
ProfileXT® で、アセスメントをした人材データを使って「戦略的な人事マネジメント」を実施する企業が、増えてきています。






ProfileXT® は、どのような事に使えているのかのご案内です。


  階層別活用領域





 御社は、現在、どこに課題がありますか?
ProfileXT® を使った人材アセスメントは、次のような事にお使いいただけます。









 新卒の採用と配属先の決定には、注意が必要です。
   配属先に適応していく人材の採用が必要です。
配属先に適応していくかの見極めは、ProfileXT® でアセスメントして、
その配属先で、パフォーマンスを上げる人材のモデルに合致するかどうかを確かめて採用し配属していく必要があります。
この学生は、良いと思っただけで、採用して配属先を決定する事は、さけられた方がよいと思います。



    新卒採用と配属






 新入社員の方々は、入社後に学生時代と社会人の違いに惑わされます。
いろいろな年代の方々が、一緒に働く社会で、働くために必要な事を学んでいきます。
しかし、能力はあっても社内やお客様と上手く立ち回れなかったとすると、
会社では、残念な結果になる事があります。
3年で、約30%が、退社していく事がないように企業としては、新入社員の
「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」を知り対応していき、
新入社員の能力を活かす方向で進める必要があります。


 社会人基礎力について

 社会人基礎力 :アクションのページへ

 社会人基礎力 :シンキングのページへ

 社会人基礎力 :チームワークのページへ

 なぜ、教材を教えるだけの新入社員研修では、駄目なのか

 新入社員研修で、一番必要な事ですが、あまりやられていない事

 新入社員の営業員を、辞めないようにする

 新入社員研修をいい加減にすると、後が怖い!



    ソリューションの骨子








 リモートでの面接は、難しい!
  好みで人材を取るようになっていませんか?
自社の部門ごとに必要なパフォーマンスを持つ社員のモデルを
作り上げていき、その人材データを基に新卒のアセスメントをして採用と配属を決めていく必要があります。
配属先のミスマッチを避けましょう!
適性検査だけでは、難しかったのではないでしょうか?

FB(フィードバック)セッションで、人との繋がりを作ります。

 上司を含めた部門内のProfileXT® でのアセスメント後のFB(フィードバック)セッションが、効果がある理由は、各自が、自分のアセスメント結果を理解して、
その結果を皆の前で、話すことです。
部下も上司も自分の「行動特性」を把握して、他の人に理解してもらうことで、お互いが上司と部下の壁を乗り越えて話し合い理解をしていく事が出来るからです。


 ProfileXT® を受けた上司や部下の感想のページへ



 ProfileXT® のアセスメントは、多言語での実施も可能です。
配属は各部門でのパフォーマンスを上げる人材モデルを作ります勘や経験、好みで配属先を決めるのではなく、そのモデルに合わせて配属先を決めていくスタイルを作り上げていきましょう!
本人の希望での配属先の決定よりもProfileXT®でのジョブマッチでの配属の方が良かったという例もあります。
適性検査とProfileXT®の両方を使っての採用と人材配置をおすすめします。







 後継者育成プラン
後継者を誰にしていくか?
人選は、とても重要です。
後継者の方を人選する場合、候補の方が後継者として、どれだけマッチしているかをProfileXT® で、アセスメントして、作成したパフォーマンスモデルと比較して、候補者の選定をする事をおすすめします。


  サクセッションプランニング









 ProfileXT® は、事業別、職制別の後継者の育成の為にも使われています。





 期待だけでなく、ProfileXT®を使った人材データを基に実施していきましょう!


  ソリューションの骨子  








 従業員を活かすために複線型キャリアの導入をご検討しませんか

複線型キャリアを導入する為には、従業員の方へアセスメントすることが、必要です。



  複線型キャリア









    ソリューションの骨子



 これからの時代、管理職だけのキャリアでは、従業員の満足度をアップさせるのは更に難しくなっています。
その人材は、「マネジメント型」か「専門職型」かの選定をする必要性が出てきました。


 フラット型の組織を作り上げていく為には、ProfileXT® を使いパフォーマンスモデルを作成して実施していきます。


※ PXT = ProfileXT®

 
部署を異動させて成功させるには、上司と部下との適合性も調べる必要が
あります。

   PMF   

部下と上司との適合性  Profiles Managerial Fit ™ 

 異動先のマネジャは、部下との適合性を理解してのマネジメントをして
いかないと部下を活躍させるのは、難しいのではないでしょうか





 楽観性が低いことは、悪いことではありませんが、楽観性の低いマネジャが、部門を異動した場合、新しい部門での対応が、問題になる可能性があります。
新しいマネジャの下で働く従業が、働きにくくなります。
異動するマネジャには、自分のマインドの理解が、最低限必要になります。
更に部下との相性をを知っていれば、良好なマネジメントが出来る可能性があります。






 変革の時、早い時期に今後の会社の柱となる社員を選抜していく必要が出てきました。若手社員のどの社員を選抜していけばよいのか?
勘や経験、期待からではなく、「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」から、 人材を選抜していく必要があります。
「行動特性」の中でも、「組織従順性」は、どれくらいあるのか?
「判断の客観性」、「論理的思考」をするのか等が、重要になってきます。


  ファストトラック






優秀なリーダーを発掘するのに時間を掛けられなくなりました!

   ソリューションの骨子


モチベーションをアップさせていく!




 選んだ若手社員をどのマネジャの下につけるかがポイントになります。
マネジャによっては、選んだ若手社員を潰してしまう可能性があります。
注意が必要です!

 会社で、社員が潰されない為に!


  有能な人材を早期に退職させない!







  キャリアプランニング









 従業員のキャリアをどうしていくかが、優秀な人材の確保に繋がります!
働き甲斐をどう作っていくか、自分の専門性をどう活かしていくかが、決め手になります。



    ソリューションの骨子


 職業情報に準拠したパフォーマンスモデルと個人の特性を結び付け

新しいキャリアの可能性を知る。
















 どうやって次世代リーダーの発掘をしていけば良いかコンサルティング致します。


  次世代リーダーの発掘








    ソリューションの骨子









 思い込みや期待だけでの配置でなく、「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」をアセスメントで知り候補者を選定していく事をお勧めします。



   適材配置・組織再編









 戦略に基づいた配置、ジョブローテーションが必要な時代
クイックに部門のパフォーマンスモデルを人事で作る必要が出てきました。

 今の時代に合う営業を選ぶ:どういう営業のプロセスを取っていけば、成功に繋がるかのデータを取っていき、そのモデルを実施できる「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」を持つ人材を配属する!




    ソリューションの骨子













 新組織の立ち上げには、戦略・戦術を立案出来る人材を選ぶ必要があります。
社内の声に流されず、現場を良く知っていて、お客様が、どうすれば喜ぶかを
いつも考えていて、お客様の話をよく聞ける人材が必要です。
ProfileXT® でアセスメントをして、9つの行動特性のうち「社交性」の高い方を選ぶ。

・人に関心を持ち ・会話を楽しむ ・新しい人と接点を持つことをためらわない。
・グループ志向
「組織従順性」が、低めの方を選ぶ。
・「物事のやり方」に疑問を抱く傾向がある ・既存の仕組みにとらわれない
枠外思考ができる ・もし納得できなければ関係者に聞き出せる「独立性」がある人を選ぶ。
・上からの強い監督を好まない ・冒険好き ・独自の方向性を定めるのを好む
意思決定をする上での判断基準の「判断の客観性」の高い人を選ぶ。
・合理的で細部にまで気を配る ・感情を排した思考

もし、上記の選定理由の逆の人を選ぶとすると
・無駄話を避ける ・一人の環境で苦も無く仕事を行うことが出来る
・ルールを守って仕事をする ・決められた仕組みに対して協力的で前向き
・権威を受け入れる ・上からの監督を苦も無く受け入れる 支援と励ましを歓迎する
・ガイドラインのある状況で働くことを好む ・主観的 ・予感に従って行動する
というようになります。

いかがでしょうか?




 ジョブローテーションの必要性はないですか?
どのように人材を再配置していけば良いか、タレントマネジメントが必要です。




  新組織の立ち上げ





 その新組織で、活躍する人材の選定が重要です!


   ソリューションの骨子







 あの人の下で働きたいと思われるマネジャになる事が、重要です。
そのためには、部下のマインドの理解が、大前提になります。
見た目ではわからない部下のマインドを理解するためには、
自分を含めた部下のProfileXT® でのアセスメントが、必要です。
部下に信頼されるマネジャの第一条件は、部下の「行動特性」をつかんだ、
部下に合わせての指導が、必要で部下を皆、同じように指導する事は、部下からの信頼感をなくします。










 マネジャは、部下への指導を部下に理解してもらう必要があります。
あなたの指導は、部下に伝わっていますか?
伝わっているかとは、部下が理解して行動変容をするなり、指導してくれた
上司とコミュニケーションを取り上司の指導に対して話し合う事が必要です。
マネジャは、指導した。部下は、理解していない。
そういう状況は、ありませんか?





























ロールプレイングは、やり方を間違えると大変です!





会話の間の取り方、話し方の強弱、質問のしかた、同意の仕方、
雰囲気の作り方、たたみ込み力・・・等
営業が、出来る人でなければ、教える事は、出来ません。
そして、長続きしません。
御社のロールプレイングは、一回で終わっていませんか?
重要なのは、いかに営業員同士が、競争心を持って、
ロールプレイングを実施していくように導くことが必要です。
上手くやれば、かなり効果があります。



御社には、営業のやり方を指導しているマネジャの方は、いらっしゃいますか?
ただ「あの件、どうなった!」と聞いて、頑張れ!
というだけでは、上手くいきません。








次の営業の場面では、営業会話、進め方を変えて営業をする必要があります。

1.新規顧客開拓を電話で営業する場合

2.既存顧客に訪問して、営業をする場合

3.オンラインで営業をする場合

















在宅勤務でのオンラインでの打ち合わせや営業活動、
電話やメールで仕事をする時代。

どうやってコミュニケーションをとるかわからない・・・。
出来ない・・・。出来ていない・・・としたら、どうするか?
どこから、始めるか・・・。     クリック


仕事の基本は、相手の人に喜んでいただくという事。
相手の人が喜んでいただければ、喜ばせてくれた人を
大切にしてくれる。
もし、相手の人が自分に良くしてくれないとしたら・・・
               
クリック



1.入社時、あなたは、営業部に配属されて営業をどのように学びましたか?クリック

2.営業の考え方 クリック

3.営業で、大事な事 クリック

4.上司について クリック


5.考え続ける クリック

















ジョブ型雇用に移行する前にやらなければならない事は、
営業員の状況を正確に把握することです。
PSA でアセスメントしましょう!


営業部門に課題は、ありませんか?
御社の営業部門の課題を解決していきませんか?












※「営業部門のパフォーマンスモデル」の作成は、別途コンサルティングが必要です。



組織従順性が高いと管理や指導を受け入れる傾向があります。
これは、この方の行動特性になります。
オンラインでアセスメントを受けた方の回答から導き出されます。
プッシュよりプルのコンサルティング方法で、
営業担当者の方から状況を聞き出して、営業スキルが向上するように
電話で、その方にコンサルティングさせていただきます。
その方の行動特性をアセスメントすることによって、
その方が、どうしてそのような行動に出るのかを把握するように
します。
※電話でのコンサルティング費用は、別途かかります。
詳しくは、お問い合わせください。

タレントマネジメントのページへ
   クリック




あなたは、自分の事をどう思っていますか?
自分は、~だと思っていても本当にそうなのでしょうか?
自分の思い込みが、自分の成長を妨げている事もあります。
自分は、~だと思っていても、他者と比べて、現在の自分がどうかという事を
把握する必要があるとは思いませんか?







自分は、~だと思っていても本当は、他者と比べて、そうではないかもしれません。
身体能力や、健康状況は、スポーツテストや、試合、健康診断、人間ドックで、
知る事は出来ても、自分のマインドがどうかは、知るチャンスがなかったのではありませんか?
ご自分の思考スタイルや 自分が、一つの事に集中するのを好むタイプか、
難なくマルチでこなすタイプかの「エネルギー」や
「主張性」「社交性」「組織従順性」「態度」「決断性」「協調性」「独立性」「判断の客観性」
仕事への興味を他者と比べて、正規分布化させて数値化して 把握してみませんか?
きっと、ビジネスや人間関係に役に立つと思います。 クリック

アセスメントをして、自分を知る。クリック

自分の事をもっと知って、自分の壁を乗り越える。 クリック

もし、あなたが自分の「行動特性」がわかり、自分の今の仕事が、上手くいっていない。
人間関係がうまくいっていないと思ったら、自分の他者と比べた「行動特性」を
アセスメントをして知り、自分を分析して自分の行動を変えていくようにすると良いと思います。






A営業員の方が、もし、業績が上がっていないで、社内でうまくいっていないとしたら、
社内で、「協調性」を発揮しすぎる事に注意する必要があり発揮しすぎると、
上司から、業績も上げていないのにとか思われ、「いじられ」やすくなる傾向は、ありませんか?
「協調性」を社内とお客様で使い分けるように「行動変容」してみませんか?

B営業員の方が、業績を上げようとしたら、「議論好きに見える」所を上手に活かし、
お客様と意見を交わしていくようにして、A営業員の社内の行動を少し真似るように「行動変容」してみませんか?

仕事や生活で、上手くいくように自分の「行動特性」を知り、自分の今迄の行動を振り返り、
どうして、過去にそのような行動をしたか考える事が重要です。
自分は、このような行動をする傾向がある事を知る必要があります。
マインドは、変わらないと思いますが、自分の「行動特性」を知り、状況に応じて、
自分の行動を変えてみる事もありではないでしょうか?

例えば、業務は、優秀だが社内で上手くいっていないと感じていて、「社交性」が、
他の人と比較して、正規分布した数値が「1」から「10」の間で、低かった場合、
社内で、自分から挨拶したり声を掛ける努力をして、相手の方の話を親身に聞くように
努力してみると良いのではないでしょうか?






自己認識が、とても重要です。




上手に自己アピールをする方法を身につけましょう!
今迄、自己アピールをしなかった人もこれからのジョブ型雇用の時代は、上手な日本に合った自己アピールが、必要です!
自己アピールすることは、会社にとっても、従業員にとってもとても重要です!

なぜ、自己アピールが必要なのか。

オンラインでの業務が続くと、対面するコニュニケーションが、無くなります。

オンライン会議でも、発言をしないと、存在感が薄れてきます。

存在感が薄れてくると、社員として勤務を継続していくのが、危険になる可能性があります。

企業は、成長するために、この時代に合わせた業務体制に変えてくる可能性があります。

その時、自分が目立たない社員にならないようにしていく事が必要になってきます。

だからと言って、オンライン会議で、必要がない意見を多く言っても逆効果になる可能性があります。

重要なのは、会社に役立つ意見や指摘を上司に納得していただけるように発言できるかにかかっています。



もし、このまま在宅勤務が続いていくと、経営者は、業績アップの為、ジョブ型雇用を採用していく可能性も出てきます。


マネジャがオンラインで、アセスメントによって部下を理解して、マネジメント出来るようになる。

部下を圧倒して、権力で部下を動かそうとしていたマネジャの出る幕は、無くなってきています。

オンラインでは、そのやり方でのマネジメントは、不可能に近くなっています。

オンライン上だけでは、部下の状況がつかめなくなっているからです。













リーダーは、自分と部下を正確に認識する能力が必要です!









オーセンティック・リーダーシップ
シェアード・リーダーシップにも自己認識は、必要です!

自ら進んで実行するリーダーでなければ
ジョブ型雇用時代に生き残れない!






 【ご参考】360度診断のページへ

 360度 アセスメントを実施する上での注意点

 360度診断をされた後でのフォローが必要な方への方法

 CheckPoint360°™を使った次世代リーダーの発掘、育成









これからのリーダー像は、変わってきます。
先が見えなくなってきた時代、どのようにしていけば、業績が上がるかわからなくなってきました。
リーダーは、今こそ、部下の得意な力を引き出して、新しい時代に立ち向かって行く必要があります。
今迄の経験がいきない時代、リーダーは、部下の得意な力を引き出せることが必要になってきます。
部下が、自分の得意な力を出せる組織に変えられるリーダーが必要です。






どのようにジョブ型雇用を始めればよいのでしょうか?







御社に監督(部長)は、いてもコーチは、いらっしゃいますか?
スポーツのように今の会社には、コーチが必要です。










ジョブ型の経営で、成果を求める時代
テレワーク在宅勤務で、仕事が出来る職種は、これからもテレワークが続くでしょう!
テレワークで、マネジャも社員も成果を求められるようになってきています。
そこで、マネジャ、社員の方々に課題が出てきます。
マネジャは、部下の目標を達成させられるか?
社員は、どのように達成させるか?
ソリューションの営業は、新規顧客開拓が必要になってきます。
どうやったら新規顧客開拓ができるのか?
やったことのない社員が、出来るのか?
もし、既存ビジネスと既存顧客で、成果を上げてきた企業は、 どうやってやるのか?
マネジャは、どうやって社員を動かせるのか?
コンサルティングとマネジャや社員の方々をご指導を致します!







あなたは、ご自分の事をどれだけ理解していますか?

今、あなたのご自分の理解は、他者からあなたを見ても正しいですか?

他者とご自分を比較できるアセスメントをご提案します。



これからの時代は、自分のやりたい事が、本当にわかっていると良いですね。















指示するだけ、やっているかの確認の為のオンライン朝礼、

確認するためのオンライン会議では、社員は、めげていく可能性があります。

社内だと、同僚とのやり取りでストレス発散できましたが、在宅では、それも出来ない。

社員のメンタルがやられないようにする必要があります。

社員の特性によって、マネジメントを個別に変えていく必要があります。






もし、若手社員の中に、能力はあると思うのに失敗を恐れて、

自ら進んで、新しい仕事のやり方を考えなくなっていたりしたら・・・。

それは、会社にとって、もの凄い損失です。

AI、DXとそちらも目指すと共に、若手社員が、

失敗を恐れずに、仕事を進めながら、仕事を進んで

創り出していけるようになる事が重要だと思います。

まじめで、おとなしく、上司に指示に従って仕事をしている

若手社員・・・。

それでいいのでしょうか?

今一度、ご検討されませんか?

若手社員を育てるご提案をします!




マネジャの方へ
部下とのオンラインの打ち合わせで、自分ばかり話をしているということは、ありませんか?






褒めたり、期待を掛けたりしても出来るようには、なりません。








タレントマネジメントのスタートとして、
簡単なアセスメントをして、部下の状況を
調べてみませんか?

いつも、部下との会話で、マネジャの方の方が、
部下の方より多く話しているなら、下記のようなことを
試して調べてみる必要があるとは、思いませんか?








営業員の方々に、電話での営業方法を指導する必要があります。
電話をする心構えと気持ちの持ち方。
電話で、始めの言葉は、何と言って始めるか。
出られた相手の方の受け答えで、相手の方の状況を理解する。
相手の方によっての言い方。
断られそうになった時の相手の方を尊重した進め方。
断られた時の対応。
断られた時の気持ちの切り替え方。
引き合いをいただくようにしていく方法。
オンライン面談のアポイントを取得する会話。











 変革の時代、
「持続化可能」な企業を創り出していく為に、 まずやらなくてはならない事は、社内の問題を抽出して、改善する事です。
 社内には、いろいろな問題が、埋もれています。
社内での問題の抽出は、その会社へのしがらみがない者がやる必要があります。
社内のプロジェクトで、やられている企業が、多いのですが、 社員の方が悪いのではないのですが、社員が実行してしまうと、本当の問題点が隠れてしまう可能性や、その人の考え方が、反映されてしまうという結果が出てきます。
 それでは、効果がありません!
その会社と利害関係のない全然関係のない者が、やる必要があります。
 もし、社員が、プロジェクトを実行する場合、その社員の把握とその社員把握結果に基づいた指導が必要です。
その社員なら、どのような傾向の結果を出すのか?
プロジェクトを実施する前に傾向がわかる可能性もありますので・・・。

ProfileXT® のご紹介


会社での問題点の一部は、







マネジャ、社員の問題を解決する必要があります!

マネジャや社員の方々が、会社で仕事をする上で、不満をもっている可能性があります。

不満を持っていたが、諦めて言いなりで働くようになったという方もいらっしゃるでしょう。

各人の不満など、聞いてたら仕事にならないと考える方もいらっしゃると思います。

経営をする場合、社員の不満を調べて、今後どのように仕事をしたら良いかを考える必要はないでしょうか?

不満を聞いたら、更にその不満が、増大して更に良くならなくなってしまうと思っている方々も

いらっしゃると思います。








マネジメントとは、自分の考えを部下に伝えて指示する事だけではないと思います。





活躍出来る社員の方々をつくるには、
マネジャの方にも、社員の方にもアドバイスが、必要です。
アドバイスされることによって、考え始めます。





アイデアを出す社員の方は、御社に何人いらっしゃいますか?








社員の健康管理は、重要です!



これでは、今の時代、企業が生き残るのは、大変ですね



スケジューラーを見れば、社員の事がよくわかります。



営業員のスケジューラー入力について

社員の方々が、能力を発揮出来て、会社を成長させる







仕事で、こうしたら良いと思ったことは、上司に伝えましょう!
伝えたら、否定される、聞いてくれない、自分の立場が悪くなるという事など
考えないようにしましょう!

そうならない為にも、立ち回り力をアップさせましょう!

上司に聞いてもらって、動いてもらうように立ち回りましょう!
上司は、どのような考え方をしているか?
上司の人脈は、どうなのかを知る努力をしましょう!

自分の勤めている会社を成長させるのは、社員のあなたです!







立ち回るには、相手の人がどういう人かを理解しましょう!

周りの人の意見を聞きましょう!

何も言ってくれない人には、その人の表情や態度、普段の行動、対応で
その人を見抜きましょう!
自分の行動をその人に見てもらい、相手の反応で、その人の事を知りましょう!

そして、立ち回りましょう!





社会のいろいろな変化の兆しが、見えてきました。
過去の成功モデルが、使えない時代になりそうです。
さあ、会社が生き抜くために今こそ、新しい自社ビジネスモデルを作成して、
スタートしましょう!





わからない事があると、直ぐにネットで、調べてしまう。
ネットに載っている事は、過去の事が多いものです。
時間があるとネットで、情報を収集している自分。
最近、自分の時間を使って、考えるということをしていますか?

考えないで時間がたっていってしまうのは、危険ではないですか?










営業員の営業力は、周りで見ていて、なかなかわからないものです。

まずは、営業員が、営業力があるかを調べる必要があります。

調べる方法は、そんなに難しいものではありません。

むしろ難しいのは、それを行動に移すことです。






社員が、自らモチベーションをアップさせて、仕事をする為には、タレントマネジメントが必要です。
タレントマネジメントをして、業績をアップさせませんか






タレントマネジメントをすることによって、良い人選が出来ます。






最近、社員のやる気がなくなっているように感じませんか?

在宅勤務をしている社員が、多いので、わからない・・・。

 
という状況は、危険です。











電話で、新規にお客様を開拓するには、次の事が重要です!






何回言っても変わらないのは、レジリエンス力のある力が、たりないから。
その力が、たりない事をその営業員が、理解して、その力をのばせば、
営業部長が言ったことを理解して、自らの行動を変える事が出来ます。

上司の方が、その営業員の事を理解していると思っていても本当は、
その営業員は、上司が思っている事と違う事が、アセスメントをすると
はっきりわかることがあります。

アセスメントをすることにより、その営業員への対応方法を変える必要を理解できます。
対応方法を変えると、その営業員は、活躍出来るようになります。
「馬に無理に水を飲ませることは、出来ない」と同じように
マネジメントの方法を営業員ごとに変えると良くなります。

アセスメントを取り入れるだけで、営業部長も営業員も仕事がしやすくなります。
やってみませんか?

レジリエンスのページや Profiles Sales Assessment ™ のページをご参照ください。




新規でお客様を開拓する時は、お客様側の状況を良く理解して、
お客様側に立ち、ご提案をしていく必要があります。

それを本当に理解していないと、営業中に無駄な言葉や
言ってはいけない言葉を言ってしまい、上手く営業を
進められないという状況になります。

それが、続くと営業員は、新規のお客様を開拓する営業活動を
自らしなくなります。




お客様は、あなたの話を聞いてくれます。
そして、あなたは、満足します。

しかし、そのお客様との営業は、上手くいかなかったというご経験は、
ありませんでしたか?

そのような場合は、新規のお客様への営業方法を学ぶと良いと思います。



























在宅勤務の時代には、アセスメントをしての自己理解、他者理解が必要です。


















































もし、あなたが、毎日の営業生活の中で、同じような生活を繰り返していたら、

少し自分の営業に対する考え方を変えてみたらいかがでしょうか?

 そして、営業は、結果を重視される仕事。

結果を良くするために自分の時間を使い、実績を良くしてみてはいかがですか?

 自分の時間は、使いたくない。好きな事だけしたいと思っていたら、

営業の結果は、
いつまでたってもよくなりません・・・。

















ProfileXT®e ラーニング を開始いたしました。

オンラインで、受講出来ます。

























今の時代、企業は変化に適応し持続化可能な経営をしていく事が大切です。
その為に現状のビジネスから新しいビジネスを創り上げていく事が必須です。
社員の「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」を知り、
社員を活かす新しいマネジメントが必要です。
その新しいマネジメントは、「タレントマネジメント」です。





タレントマネジメントは、必要です。

そんなことを考えなくてもビジネスは、やっていけますが、
やるのとやらないのとでは、成果が全然違ってきます。
皆が、忖度している場合、周りの意見を取り入れる事が出来なくなります。
意欲を持って働けるように、社員の事を理解し導くことです。
気持ちよく仕事が出来て、生き甲斐を感じて働けるように。



  タレントマネジメントのページへ

































































































































































































お客様への上手な聞き方や話し方はあります。

営業員は、ただ、自分の主張や考えたことを話せばよいと思っていませんか。

今、だんだんそんな時代になってきているような気がします。

営業員が、上手な聞き方や話し方に興味を示さなくなってきたときが、

ネット販売中心のデジタル社会になったという事なのでしょうか。

0.営業テクニックを学ぶ必要性

1.御用聞き営業の新しい方法 御用聞き営業が有効な時代は、終わり、お客様にTELや面談したときには、この方法で


2.面談時、営業が一方的に話すのではなく、お客様に話してもらう為には、アイスブレークから

3.アイスブレークは、お客様に話していただき、その後のお客様の会話をスムーズにする為にとても重要

4.お客様が、どんな状況にあり、何を考えていて、どんな人かをまず、知るためにお客様に話していただく

5.何回か聞いていくと、営業員は、お客様は、営業員が売りたい商品に対して、どの様な状況で、どの様な考え方を持っているかがわかってきた時、更にわかるようになるには、どうするか?

6.ところで、営業員は、お客様に「~は、こんな事が、出来るんですよ」と言って、黙った後、お客様が、興味を持ったような事を言ってこなかったらどうするか?

7.「お客様は、〇〇のような製品は、必要ないんですか?」と聞いてみて、お客様が、全然興味を示さなかったらどうするか?

8.お客様が興味を示さなかった後、“つづく”にして、その後、どのように営業をしていくか?

9.営業員が、見積もった製品やサービスに対して、回答しないお客様にどのようにしていけば良いのか?

10.自分の営業が、にっちもさっちもいかなくなったら・・・。どうするか

11.見積もりを依頼されたとき迄にお客様に聞いておき、対応しておかなければならない事

★営業のやり方が、書いてある本は、こちらです!

12.お客様の会社の「決定権」を持っている方を教えてもらったら、次にしなければならない事

★自分を知る事が、人を知る事の第一歩だという事がわかる本は、こちらです!この本は、部下指導という事が書かれていますが基本は、自分を知る事が重要だという事が、わかります!

13.営業員は、相手の事を見抜くために努力する必要があります。

14.人を見抜くポイント。人を見抜くことが、ビジネスでも人生でも重要だと思われた方に手解き

15.相手を自分で見抜いたら、相手がどのように反応して、動くかの「仮説」を立てる

16.自分をお客様にアピールするため何かをする。

17.お客様に教えてもらう。

18.お客様がどういう人かを知る。

19.お客様が、「正義感が強い人」なら、その正義感に訴える会話をしましょう!

20.お客様と親しくなる為に営業員が、しなくてはならない

21.お客様との人間関係を構築して、親しくなっていくには、どうするか?

22.営業が、上手く進まない時は、お客様の頭で、考える必要性があります。

23.お客様への謝罪から、ビジネスを好転させる。

24.自分の営業成長のロードマップを作りましょう!


25.お客様との会話には、「間」を取りましょう!


26.新規のお客様との面談の時、始めに「価格が安い」と結論で売り込むとうまくいかない。

27.営業員は、論理的思考力を学び、営業力を強化しましょう!

28.お客様が、営業員の論理的な会話をいやがる時にどうするか


29.やっぱり、お客様の事を思う気持ちが大切です。


30.普段から、相手の人の事を思う気持ちを養っていきましょう!


31.立て板に水のようにお客様に話していませんか?



32.気持ちの入った営業は、出来ていますか?



33.営業のやり方は、営業の場面によって、営業の進め方が、違ってきます。

34.あなたは、お客様にメールを送れば、営業が出来ると思っていませんか?









































































































































コンサルティング














後輩社員 育成


















社員アドバイス

マインド

タレントマネジメント

研修コース

人材サーチ

営業スキル

これからの時代

聞く

会社改革

業績アップ

業績アップ



戦略



コミュニケーション

マウンティング

ワークショップ

上司の考え方

コミュニケーション



ビジネス

新規ビジネス

自己理解

タレントマネジメント 指導

経営者 考え方

若手社員育成

マネジャ 仕事

マネジメント

タレントマネジメント



採用選抜評価
育成サクセッション再配置
職務マッチング






ワークプレイス

社内の流れタレントマネジメント 進め方

敵を知る

トランスフォーメーション





タレントマネジメント 開始社会の状況

エンゲージメント

マネジャ マインド

営業現場

上司 行動

タレントマネジメント
2020年問題
会社成長

必要な社員

コンサルティング

自己理解
研修

社員アドバイス課長アドバイス 社員アドバイス



現場の状況

360°診断

研修の目的

営業員の問題










スキルアップ


人材配置


















人材資産

カウンセリング育成

社員を作業員にしない

仕事がルーチンワーク

ストレスない仕事

会社の成長するポイント

行動変容

自分のマインド

パワハラ防止

パワハラ





営業マインド


コンサルティング







営業研修


研修効果

追加研修

PDCA営業


コミュ力



成長企業



組織アライメント


成長

アセスメントトレーニング
              詳細         詳細         詳細



上司部下関係

原因   業績をアップさせる為に、業績アップがしない状況を考える


業績アップの方法   業績がアップしない原因と業績をアップさせる改善方法


ポイント タレントマネジメントビジネスにおいてマネジャや社員の方が、自分の持っている能力を最大限に発揮する為には、マネジャの方や社員の方が自身の「マインド」を理解して仕事や指導する必要があります。
モチベーション


研修の ポイント   会社で、当たり前に出来ているようで、出来ていない事 
       これが出来ていないと、完全に時代に取り残されます!
 社員の方々が、日々仕事を良くしていくことを常に考えられて、上司の状況を把握して、自分の考えを言える会社であることが、今の時代にとても必要な事と思います。
現状、現場の状況を踏まえて、社員の方々は、どうしなければならないかを常に考えられているでしょうか?
疑問を持った時、いろいろな書籍を読みながら考えるという習慣を社員の方々は、持たれているでしょうか?
自分が、考えたことを職場内で社員の方々が、言える状況でしょうか?
社員の方々が、言った事を聞くという状況が、社内に存在するでしょうか?
現状に対して、どのようにしていこうかを皆が、考えて、皆に考えたことを言えて、聞いていただける会社になるように研修やコンサルティングを通して、ご支援をさせていただいております。

解決方法   研修で必要なことの指導と自ら考える事を指導します。
      社員の方が、考えたことを言えるようにします。

 数種類のアセスメントで、社員の状況を調べます。アセスメント結果を自己理解していただきます。上司は、部下の結果から、部下の「思考スタイル」「行動特性」を知り、どのように指導していけばよいかを学びます。社員の方の状況がわかります。
 社員にとって必要なテーマで、社員の状況に合わせて研修内容を作成して、研修を実施致します。研修時に社員の方に質問します。その時に社員の方が、考えて回答しているかを判断して、考えて研修を受けるように指導します。なぜそうしなければならないかも指導していきます。その指導と社員や上司が、学ばなければならない事を研修で、一緒に学べるようにします
 テーマを決めて、相手に方に自分の考えたことを話すコミュニケーション・トレーニングを実施致します。
上司と部下がペアになって、自分の考えたことを上司に話す、上司は、聞く、これを交代して実施していきます。

解決方法   社員の状況が、どの様になっているか?今後、会社は、発展するのか?しないのか?がわかる方法

テーマ『営業』成功のポイント
 営業成功
テーマ 社員がつぶされない為に

         社員も会社も気をつけましょう!

テーマ「社内評論家」「社内法律家」「社内政治家」について

         ★ご説明と会社、社員としての注意事項

テーマ 営業員を強化する「ロールプレイング」の方法ロールプレイング





テーマ 仕事で、こんな人間関係で悩んだら、こうしてみよう!
会社での人間関係


テーマ  会社で仕事をしていくと社員の方には、どうしたらよいか、なかなか解決出来ない課題があると思います。解決のお手伝いになれば幸いです。

【社員の方向け 「仕事でのお悩み解決コーナー」】

・聞きたいことがあっても、上司が忙しそうにしているので、聞けない。
・根回しが嫌いなので、同僚や上司に対して、うまく対応出来ていない。
                           ・・・詳しくは

マネジメントするマネジャの方には、どうしたらよいか、なかなか解決出来ない課題があると思います。解決のお手伝いになれば幸いです。

【役職者の方向け 「指導でのお悩み解決コーナー」】
・部下が、言う事を聞かない。報告しない。
 何回も言っても聞かないので、もう言わない。メールで指示をしている。
 状況は、会議を開いて、皆の前で、言わせている。
・強く言ったので、パワハラの様に思われているのが、
 嫌で嫌でしょうがない。
・部下となかなか良いコミュニケーションが出来ない。
 部下の中に入ると自分が浮いているように感じる。

                           ・・・詳しくは


上司と部下



上司への対応

社員生産性

部下の導き方

営業成績

上司の思い違い

若手社員とのなじみ方



若手社員を使う

部下が話す

感性アップ

カウンセリング

営業を学ぶ

営業活動



商材説明型

商材説明型の営業

商材説明型でない営業

営業戦略

営業力向上研修
新規顧客開拓営業員ロールプレイング営業の不得意な所を指導

特訓営業研修



営業員感性アップ

営業行き詰ったときの解消法

営業員ヒアリングトレーニング

営業会話

営業会話

営業マンツーマンレッスン



営業員個人指導

土曜日営業研修





社員教育内製化



全社員研修





仕事が出来るようになる

営業通信講座

新入社員育成





新入社員研修で大事な事

新入社員営業研修

やらないといけない新入社員研修内容

社会人基礎力

新入社員研修で必要な事



一日新入社員研修

社会人基礎力アクション

社会人基礎力シンキング

社会人基礎力チームワーク





新入社員を辞めさせない




社員が転職しない会社

社員育成

相手の考えを知る

営業員の採用より他部署からの異動

会社を辞めない生き方




アセスメントのメリット








★営業研修:営業の進め方を指導します。営業経験2~3年目の方に最適

★展示会での営業の進め方を指導します。展示会に出展するのは、何の為

★新規顧客開拓のページをアップしました。
★社員の能力を最大限に発揮させる「タレントマネジメント」の時代に!






NEWS新着情報

2015年 5月 3日 掲載
ホームページを更新しました。
2015年8月2日 掲載
研修方針にコラムをオープンさせました。
2015年11月15日 掲載
勝ち続けていくためのコンサルティングを開始しました
2016年3月10日 掲載
社員アセスメントからの教育開始
2016年7月5日掲載
今、必要な社員教育のあり方と社員教育内製化への道:セミナー開催
2016年9月13日掲載
経営者様へ「若手営業員で年間○○億円売上させる仕組みとその方法」:セミナー開催
2016年10月12日掲載
社長の為の「会社を成長に導く、次世代リーダーの人選と6ヶ月で基本をみにつけさせて育てる方法!」:セミナー開催
2016年11月22日掲載  
「今の時代に必要な若手社員を活躍させる方法!」:セミナー開催
2018年1月4日掲載
「会社の成長のポイント」を追加しました。ブログのようなものです。
2018年1月24日掲載
アセスメント付 経営者様(マネジャ様)向け有料セミナーを実施致します。
2018年10月9日掲載
「タレントマネジメントの重要性の無料セミナーを御社で、実施いたします。
2018年10月11日掲載
5万円研修を3種類実施開始
2018年10月26日掲載

    お問合せのメールアドレスを変更しました。
    (各ページのお問い合わせのメールアドレスは、新しいものに変更されています)
2018年10月30日掲載
    8回 営業研修テキスト (簡易版)掲載
2018年11月25日掲載
    営業員業績アップ・コンサルティング開始
2018年11月30日掲載
    営業員のヒアリング力を向上させるページを追加しました。
2018年12月1日掲載
    「営業について」シリーズ開始。営業に必要なことを書いていきます。
2018年12月2日
    「上司の方へ」シリーズ追加開始しました。
2019年 1月23日掲載
    無料セミナー実施致します。
2019年9月23日掲載
    営業員として必要な営業テクニック・シリーズを公開します。
    どんどん売れる営業員になってください
2019年9月23日掲載
    これからの時代の働き方を掲載します。






このページの先頭へ




























バナースペース


国際知財サービス株式会社

〒230-0003
横浜市鶴見区尻手1丁目11-5

TEL 045-573-7231


newpage15.htmlへのリンク

newpage16.htmlへのリンク

newpage17.htmlへのリンク

newpage18.htmlへのリンク

newpage19.htmlへのリンク

newpage20.htmlへのリンク

newpage21.htmlへのリンク

newpage22.htmlへのリンク

newpage23.htmlへのリンク

newpage24.htmlへのリンク

newpage25.htmlへのリンク

newpage26.htmlへのリンク

newpage27.htmlへのリンク

newpage28.htmlへのリンク

newpage29.htmlへのリンク

newpage30.htmlへのリンク

newpage31.htmlへのリンク

newpage32.htmlへのリンク

newpage35.htmlへのリンク

newpage33.htmlへのリンク

newpage34.htmlへのリンク

newpage36.htmlへのリンク

newpage37.htmlへのリンク

newpage38.htmlへのリンク

newpage39.htmlへのリンク

newpage40.htmlへのリンク

newpage41.htmlへのリンク

newpage42.htmlへのリンク

newpage43.htmlへのリンク

newpage44.htmlへのリンク

newpage45.htmlへのリンク

newpage48.htmlへのリンク

newpage46.htmlへのリンク

newpage47.htmlへのリンク

newpage49.htmlへのリンク

newpage50.htmlへのリンク

newpage51.htmlへのリンク

newpage52.htmlへのリンク

newpage53.htmlへのリンク

newpage54.htmlへのリンク

newpage55.htmlへのリンク

newpage56.htmlへのリンク

newpage57.htmlへのリンク

newpage58.htmlへのリンク

newpage59.htmlへのリンク

newpage60.htmlへのリンク

newpage61.htmlへのリンク

newpage62.htmlへのリンク

newpage63.htmlへのリンク

newpage64.htmlへのリンク

newpage65.htmlへのリンク

newpage66.htmlへのリンク

newpage67.htmlへのリンク

newpage68.htmlへのリンク

newpage69.htmlへのリンク

newpage70.htmlへのリンク

newpage71.htmlへのリンク

newpage72.htmlへのリンク

newpage73.htmlへのリンク

newpage74.htmlへのリンク

newpage75.htmlへのリンク

newpage76.htmlへのリンク

newpage77.htmlへのリンク

newpage78.htmlへのリンク

newpage82.htmlへのリンク

newpage79.htmlへのリンク

newpage80.htmlへのリンク

newpage81.htmlへのリンク

newpage85.htmlへのリンク

newpage83.htmlへのリンク

newpage84.htmlへのリンク

newpage87.htmlへのリンク

newpage86.htmlへのリンク

newpage88.htmlへのリンク

newpage91.htmlへのリンク

newpage89.htmlへのリンク

newpage90.htmlへのリンク

newpage92.htmlへのリンク

newpage93.htmlへのリンク

newpage94.htmlへのリンク

newpage95.htmlへのリンク

newpage96.htmlへのリンク

newpage98.htmlへのリンク

newpage97.htmlへのリンク

newpage99.htmlへのリンク

newpage100.htmlへのリンク

newpage101.htmlへのリンク

newpage102.htmlへのリンク

newpage103.htmlへのリンク

newpage104.htmlへのリンク

newpage105.htmlへのリンク

newpage106.htmlへのリンク

newpage107.htmlへのリンク

newpage108.htmlへのリンク

newpage109.htmlへのリンク

newpage110.htmlへのリンク

newpage111.htmlへのリンク

newpage112.htmlへのリンク

newpage113.htmlへのリンク

newpage114.htmlへのリンク

newpage115.htmlへのリンク

newpage118.htmlへのリンク

newpage116.htmlへのリンク

newpage117.htmlへのリンク

newpage119.htmlへのリンク

newpage120.htmlへのリンク

newpage121.htmlへのリンク

newpage122.htmlへのリンク

newpage123.htmlへのリンク

newpage124.htmlへのリンク

newpage125.htmlへのリンク

newpage126.htmlへのリンク

newpage127.htmlへのリンク

newpage128.htmlへのリンク

newpage129.htmlへのリンク

newpage130.htmlへのリンク

newpage131.htmlへのリンク

newpage132.htmlへのリンク

newpage133.htmlへのリンク

newpage134.htmlへのリンク

newpage135.htmlへのリンク

newpage136.htmlへのリンク

newpage137.htmlへのリンク

newpage138.htmlへのリンク

newpage139.htmlへのリンク

newpage140.htmlへのリンク

newpage141.htmlへのリンク

newpage142.htmlへのリンク

newpage143.htmlへのリンク

newpage144.htmlへのリンク

newpage145.htmlへのリンク

newpage146.htmlへのリンク

newpage147.htmlへのリンク

newpage148.htmlへのリンク

newpage149.htmlへのリンク

newpage150.htmlへのリンク

newpage151.htmlへのリンク

newpage152.htmlへのリンク

newpage153.htmlへのリンク

newpage154.htmlへのリンク

newpage155.htmlへのリンク

newpage156.htmlへのリンク

newpage157.htmlへのリンク

newpage158.htmlへのリンク

newpage159.htmlへのリンク

newpage160.htmlへのリンク

newpage161.htmlへのリンク

newpage162.htmlへのリンク

newpage163.htmlへのリンク

newpage164.htmlへのリンク

newpage165.htmlへのリンク

newpage166.htmlへのリンク

newpage167.htmlへのリンク

newpage168.htmlへのリンク

newpage169.htmlへのリンク

newpage170.htmlへのリンク

newpage171.htmlへのリンク

newpage172.htmlへのリンク

newpage173.htmlへのリンク

newpage174.htmlへのリンク

newpage175.htmlへのリンク

newpage176.htmlへのリンク

newpage177.htmlへのリンク

newpage178.htmlへのリンク

newpage179.htmlへのリンク

newpage180.htmlへのリンク

newpage181.htmlへのリンク

newpage182.htmlへのリンク

newpage183.htmlへのリンク

newpage184.htmlへのリンク

newpage185.htmlへのリンク

newpage186.htmlへのリンク

newpage187.htmlへのリンク

newpage188.htmlへのリンク

newpage189.htmlへのリンク

newpage190.htmlへのリンク

newpage191.htmlへのリンク

newpage192.htmlへのリンク

newpage193.htmlへのリンク

newpage194.htmlへのリンク

newpage195.htmlへのリンク

newpage196.htmlへのリンク

newpage197.htmlへのリンク

newpage198.htmlへのリンク

newpage199.htmlへのリンク

newpage200.htmlへのリンク

newpage201.htmlへのリンク

newpage202.htmlへのリンク

newpage203.htmlへのリンク

newpage204.htmlへのリンク

newpage205.htmlへのリンク

newpage206.htmlへのリンク

newpage207.htmlへのリンク

newpage208.htmlへのリンク

newpage209.htmlへのリンク

newpage210.htmlへのリンク

newpage211.htmlへのリンク

newpage212.htmlへのリンク

newpage213.htmlへのリンク

newpage214.htmlへのリンク

newpage215.htmlへのリンク

newpage216.htmlへのリンク

newpage217.htmlへのリンク

newpage218.htmlへのリンク

newpage219.htmlへのリンク

newpage220.htmlへのリンク

newpage221.htmlへのリンク

newpage222.htmlへのリンク

newpage223.htmlへのリンク

newpage224.htmlへのリンク

newpage225.htmlへのリンク

newpage226.htmlへのリンク

newpage227.htmlへのリンク

newpage228.htmlへのリンク

newpage229.htmlへのリンク

newpage230.htmlへのリンク

newpage231.htmlへのリンク

newpage232.htmlへのリンク

newpage233.htmlへのリンク

newpage234.htmlへのリンク

newpage235.htmlへのリンク

newpage236.htmlへのリンク

newpage237.htmlへのリンク

newpage238.htmlへのリンク

newpage239.htmlへのリンク

newpage240.htmlへのリンク

newpage241.htmlへのリンク

newpage242.htmlへのリンク

newpage243.htmlへのリンク

newpage244.htmlへのリンク

newpage245.htmlへのリンク

newpage246.htmlへのリンク

newpage247.htmlへのリンク

newpage248.htmlへのリンク

newpage249.htmlへのリンク

newpage250.htmlへのリンク

newpage251.htmlへのリンク

newpage252.htmlへのリンク

newpage253.htmlへのリンク

newpage254.htmlへのリンク

newpage255.htmlへのリンク

newpage256.htmlへのリンク

newpage257.htmlへのリンク

newpage258.htmlへのリンク

newpage259.htmlへのリンク

newpage260.htmlへのリンク

newpage261.htmlへのリンク

newpage262.htmlへのリンク

newpage263.htmlへのリンク

newpage264.htmlへのリンク

newpage265.htmlへのリンク

newpage266.htmlへのリンク

newpage267.htmlへのリンク

newpage268.htmlへのリンク

newpage269.htmlへのリンク

newpage270.htmlへのリンク

newpage271.htmlへのリンク

newpage272.htmlへのリンク

newpage273.htmlへのリンク

newpage274.htmlへのリンク

newpage275.htmlへのリンク

newpage276.htmlへのリンク

newpage277.htmlへのリンク

newpage278.htmlへのリンク

newpage279.htmlへのリンク

newpage281.htmlへのリンク

newpage280.htmlへのリンク

newpage282.htmlへのリンク

newpage283.htmlへのリンク

newpage284.htmlへのリンク

newpage285.htmlへのリンク

newpage286.htmlへのリンク

newpage287.htmlへのリンク

newpage288.htmlへのリンク

newpage289.htmlへのリンク

newpage290.htmlへのリンク

newpage291.htmlへのリンク

newpage292.htmlへのリンク

newpage293.htmlへのリンク

newpage294.htmlへのリンク

newpage295.htmlへのリンク

newpage296.htmlへのリンク

newpage297.htmlへのリンク

newpage298.htmlへのリンク

newpage299.htmlへのリンク

newpage300.htmlへのリンク

newpage301.htmlへのリンク

newpage302.htmlへのリンク

newpage303.htmlへのリンク

newpage304.htmlへのリンク

newpage305.htmlへのリンク

newpage306.htmlへのリンク

newpage307.htmlへのリンク

newpage308.htmlへのリンク

newpage309.htmlへのリンク

newpage310.htmlへのリンク

newpage311.htmlへのリンク

newpage312.htmlへのリンク

newpage313.htmlへのリンク

newpage314.htmlへのリンク

newpage315.htmlへのリンク

newpage316.htmlへのリンク

newpage317.htmlへのリンク

newpage318.htmlへのリンク

newpage319.htmlへのリンク

newpage320.htmlへのリンク

newpage323.htmlへのリンク

newpage321.htmlへのリンク

newpage322.htmlへのリンク

newpage324.htmlへのリンク

newpage325.htmlへのリンク

newpage326.htmlへのリンク

newpage327.htmlへのリンク

newpage328.htmlへのリンク

newpage329.htmlへのリンク

newpage330.htmlへのリンク

newpage331.htmlへのリンク

newpage332.htmlへのリンク

newpage333.htmlへのリンク

newpage334.htmlへのリンク

newpage335.htmlへのリンク

newpage336.htmlへのリンク

newpage337.htmlへのリンク

newpage338.htmlへのリンク

newpage339.htmlへのリンク

newpage340.htmlへのリンク

newpage341.htmlへのリンク

newpage342.htmlへのリンク

newpage344.htmlへのリンク

newpage345.htmlへのリンク

newpage346.htmlへのリンク

newpage347.htmlへのリンク

newpage349.htmlへのリンク

newpage350.htmlへのリンク

newpage351.htmlへのリンク

newpage352.htmlへのリンク

newpage353.htmlへのリンク

newpage354.htmlへのリンク

newpage355.htmlへのリンク

newpage356.htmlへのリンク

newpage357.htmlへのリンク

newpage358.htmlへのリンク

newpage359.htmlへのリンク

newpage360.htmlへのリンク

newpage361.htmlへのリンク

newpage362.htmlへのリンク

newpage363.htmlへのリンク

newpage364.htmlへのリンク

newpage365.htmlへのリンク

newpage366.htmlへのリンク

newpage367.htmlへのリンク

newpage368.htmlへのリンク

newpage369.htmlへのリンク

newpage370.htmlへのリンク

newpage371.htmlへのリンク

newpage372.htmlへのリンク

newpage373.htmlへのリンク

newpage374.htmlへのリンク

newpage375.htmlへのリンク

newpage376.htmlへのリンク

newpage377.htmlへのリンク

newpage378.htmlへのリンク

newpage379.htmlへのリンク

newpage380.htmlへのリンク

newpage381.htmlへのリンク

newpage382.htmlへのリンク

newpage383.htmlへのリンク

newpage384.htmlへのリンク

newpage385.htmlへのリンク

newpage386.htmlへのリンク

newpage387.htmlへのリンク

newpage388.htmlへのリンク

newpage389.htmlへのリンク

newpage390.htmlへのリンク

newpage391.htmlへのリンク

newpage392.htmlへのリンク

newpage393.htmlへのリンク

newpage394.htmlへのリンク

newpage395.htmlへのリンク

newpage396.htmlへのリンク

newpage397.htmlへのリンク

newpage399.htmlへのリンク

newpage398.htmlへのリンク

newpage400.htmlへのリンク

newpage401.htmlへのリンク

newpage402.htmlへのリンク

newpage403.htmlへのリンク

newpage404.htmlへのリンク

newpage405.htmlへのリンク

newpage406.htmlへのリンク

newpage407.htmlへのリンク

newpage408.htmlへのリンク

newpage409.htmlへのリンク

newpage410.htmlへのリンク

newpage411.htmlへのリンク

newpage412.htmlへのリンク

newpage413.htmlへのリンク

newpage417.htmlへのリンク

newpage418.htmlへのリンク

newpage419.htmlへのリンク

newpage420.htmlへのリンク

newpage421.htmlへのリンク

newpage422.htmlへのリンク

newpage423.htmlへのリンク

newpage424.htmlへのリンク

newpage425.htmlへのリンク

newpage426.htmlへのリンク

newpage427.htmlへのリンク

newpage428.htmlへのリンク

newpage429.htmlへのリンク

newpage430.htmlへのリンク

newpage431.htmlへのリンク

newpage432.htmlへのリンク

newpage433.htmlへのリンク

newpage435.htmlへのリンク

newpage437.htmlへのリンク

newpage436.htmlへのリンク

newpage438.htmlへのリンク

newpage439.htmlへのリンク

newpage440.htmlへのリンク

newpage441.htmlへのリンク

newpage442.htmlへのリンク

newpage443.htmlへのリンク

newpage444.htmlへのリンク

newpage445.htmlへのリンク

newpage446.htmlへのリンク

newpage447.htmlへのリンク

newpage448.htmlへのリンク

newpage449.htmlへのリンク

newpage450.htmlへのリンク

newpage451.htmlへのリンク

newpage452.htmlへのリンク

newpage453.htmlへのリンク

newpage454.htmlへのリンク

newpage455.htmlへのリンク

newpage456.htmlへのリンク

newpage457.htmlへのリンク

newpage458.htmlへのリンク

newpage459.htmlへのリンク

newpage460.htmlへのリンク

newpage461.htmlへのリンク

newpage462.htmlへのリンク

newpage463.htmlへのリンク

newpage464.htmlへのリンク

newpage465.htmlへのリンク

newpage466.htmlへのリンク

newpage467.htmlへのリンク

newpage468.htmlへのリンク

newpage469.htmlへのリンク

newpage470.htmlへのリンク

newpage471.htmlへのリンク