新入社員の営業員を、辞めないようにする

新入社員の営業員を、辞めないようにするには、

上司は、その新入社員の営業員が、どの様なマインドを持っているのかを

知って、どの様に育成していくかをお客様に営業するよりももっと深く考えて、実行するべきです。

 

今の時代、他社の方が良いと思へば、早いうちに辞めて、他社に転職してしまう時代です。

 

新入社員の営業員が、辞めないで、やる気を出して営業をする様に導くのが、上司の仕事になります。

 

 営業員は、1人1人マインドが違います。

 

上司は、自分の経験から、自分のやり方を押しつけても納得しません。

納得しないで、営業活動をしていくと、業績も上がりません。

そして、悩み、転職しようと思ってしまします。

 

転職市場は、活発に動いています。

 

そのレールに新入社員が、乗る前に自社で、営業する事の喜びを感じるように導く必要があります。

 

 新入社員が、営業部に配属されて、始めは、予算も与えずに放っておいて、期間が来たら、

突然、予算を与えて、売りなさい。今まで、勉強の時間は、与えていたのだからというやり方をしている会社も良くあります。

これは、上司もノルマで追われていて、新人の面倒を見ているような余裕はないというのが、現状だと思います。

この様な状況の場合、始めにキチンとした営業をまず、新入社員に教えておく必要があります。

そして、始めから、新入社員に予算を与えておく必要があります。

例え少ない金額でも、予算を与えておくのと、与えておかないで、後で、予算をどっと与えるのでは、全然違ってきます。

 

 新人の営業員に始めから、少ない金額でも受注目標の予算を与えておく必要があります。

始めに受注するのは、とても大変で、その受注で、営業について、いろいろ学んでいきます。

始めは、売れる案件は、与えないことが、重要です。

新人の営業員が自分で、努力して売り上げを上げるところが一番大切です。






ページの先頭へ





トップページへ