Webで、商品が、簡単に調べられる時代には、「ご機嫌伺い」や「御用聞き」型の営業では、お客様との営業活動が、難しくなっています。

「ご機嫌伺い」や「御用聞き」では、うまく営業活動が出来ないにしても、お客様とコミュニケーションを取る必要があります。

それでは、営業員は、お客様に対して、どのようなコミュニケーションを取ればよいのでしょうか?


それは、お客様の考えていると思われる事に対して、自社が提案したいことをはっきりとお客様に言うことです。


当然、その場合、ビジネスマナーは、必要です。そして、はっきり言うにしても言い方が、あります。

事実を基に、お客様が、良くなると思われる事を言う必要があります。

もし、お客様が、営業員が、はっきり言ったことに対して、否定されてきたら、お客様の言ってきたことに対して「そうですよね」と同意する事も重要です。

その理由をお客様から、聞き出して、それに勝る事を考えて、提案していく事です。


そうすることによって、営業が、進みます。





2.面談時、営業が一方的に話すのではなく、お客様に話してもらう為には、アイスブレークから



1.御用聞き営業の新しい方法 御用聞き営業が有効な時代は、終わり、お客様にTELや面談したときには、この方法で