その部門で、最もパフォーマンスを上げる社員のモデルを
作成して、そのモデルにマッチした社員を探し出しませんか?

社員の採用や配置転換をする場合、人選に困りませんか?

その人を表面から見ただけでは、その人が、その部門で活躍するかどうかは、

わからないと思います。

 

一度、その部門に配属してしまうと、もし、その方が、その部門に向かないとわかると

とても大変です。

 

事前に、その方がその部門に向いているかどうかを調べてから、配属しませんか?

 

 

その方法として、

 

  1. その部門で、既に活躍している社員から、“活躍するモデル”を作成して、その方と対比する。

 

  1. 業界で、活躍している方のモデルを参考にして、その方と対比する。

 

  1. 何人かのその部門の上司の方が、“活躍するモデル”を用意された質問に回答して作成して、その方と対比する。

 

 

上記の方法によって、人選することが出来ます。

 

 

選定する人選としては、

 

  1. その部門のマネジャ選出

 

  1. 社員の配属先の選定

 

  1. 社員の異動先の選定

 

  1. 支店長の選定

 

  1. その他

 

上記の選定には、ProfileXT ® で、アセスメントして、調べます。

 

 

ProfileXT ® の ご説明ページへ 

 

パフォーマンスモデル比較レポート等のページへ 

 

部署のパフォーマンスモデルと比較してのカウンセリング例のページへ

 

 

 

 

 

ページの先頭へ