営業員は、お客様とのビジネスで、謝罪する状況になったことがあると思います。

 

謝罪の原因が、営業員自身のミスではなく、他の関係者のミスで、謝罪することもあると思います。

 

お客様に謝罪することによって、人間関係を好転させて、ビジネスの状況も良くなることがあります。

 

お客様に謝罪することになって、嫌々上司とともに謝罪する営業員は、お客様との関係を好転することは、出来ない事があります。

 

問題発生時に、まず、営業員が謝罪をする必要があります。

 

その後、上司と行くにしろ、行かないにしろ、原因の報告、今後ミスをしないように改善方法の提案、

営業員の謝罪する必要があります。

 

その対応は、営業員自身が、しっかりと対応する必要があります。

 

上司任せにしたり、他責にしていると、上司からも担当を外されたり、最悪は、お客様を失う事や損害の賠償にも発展していく事があります。

 

営業員が、しっかり対応していくと、お客様に対しては、ミスをしましたが、その後の営業が、好転することが、あります。

 

お客様は、営業員の謝罪が、心からの謝罪であると感じて、その後の対応が、きちんとした対応の場合、

営業員とお客様との人間関係が構築されて、その後のビジネスが、良くなる事があります。

 

その場合、お客様が、許していただいたかをしっかり把握しなければなりません。

 

 

 

ページの先頭へ

 

 







 

23.お客様への謝罪から、ビジネスを好転させる。