営業員が、自社製品やサービスをお客様に提案しているだけでは、お客様は、営業員との

壁を崩してくれません。

 

製品やサービスだけの付き合いでは、お客様も営業員の事を理解してくれない状況が続きます。

 

営業員は、お客様との関係を良くしていく為にしなければならない事が、あります。

 

それは、お客様に自分の趣味や得意なところを伝える事です。

 

そして、お客様の趣味も引き出して、時々、お客様の趣味の話を営業時にしていく事です。

 

伝えるといっても、自慢話になっては、お客様は、聞いていてくれても、気持ちは引かれてしまいますので、

言い方が、ポイントになります。

 

自分の趣味のある事を話します。

 

例えば、あなたがマラソンをやっているなら、お客様に「昨日、〇×のマラソン大会に出て、足が、筋肉痛で痛くて、・・・。」

とか言うとか。

 

お客様の趣味とマッチする内容なら、申し分ないと思います。

 

あなたが、言った後、お客様が何かを言う迄、待ちます。

 

ここで、あなたが、お客様が何も言わないのに続けて話していると、単なる自慢話になってしまいます。

 

お客様が、あなたの話を受けて、のってこられたら、あなたは、「そうなんですか。すごいですね」というようなことを言って、

お客様の話を引き出していきます。

 

このような会話は、状況に合わせて、お客様を訪問して、会議室まで行く途中ですることが、望ましいです。

 

お客様の話を引き出して、仕事以外の会話をする関係になると、お客様との営業もアップします。

 

 

 

ページの先頭へ

 

 

 

 




20.お客様と親しくなる為に営業員が、しなくてはならない事。