新しい人事制度を引く企業が、出てきています。

以前から既に無くなっていた年功序列は、役職定年や役割に応じた給与制度の導入で、

スキルや成果で、評価される時代へと突入してきました。

 

企業や社員にとって、厳しい時代に入っています。

 

企業もこの時代、一方的な上からに裁断では、優秀な人材の転職による放出や残る社員の

モチベーション・ダウンで乗りきるのは、困難な時代に入っています。

 

先は見えないが、やるしかないとナタを振って、邁進していく結果がどうなるかは、実施した当事者も誰もわからない時代です。

 

企業は、大ナタを振るう事も必要ですが、社員が、ついてくるように進める必要があります。

 

社員も、自らスキルアップしていく必要があります。

 

それでは、どの様に企業、社員は、スキルアップを進めればよいのでしょうか

 

1. 企業

 

◎今一度、社員のスキルやマインドを評価する必要があります。

 

◎評価した結果を、社員の方々が、納得するように進める必要があります。

 

 ・納得しないとモチベーションも上がらず、成功には、ほど遠くなります。

 

その為には、「タレントマネジメント」の考え方が、必須です。

 

2. 社員

 

◎客観的に自身の事や、仕事について考える事

 

◎考えた内容は、自ら社内で発言する事

 

 ・年功序列等関係なしに、自分の意見を状況において言える事

 

 ・当然、マナーを守り、状況に応じて行動する事

 

◎現在の自分が関わっている仕事を、今後どの様にしていかねばならないかを考える事

 

◎他の業界も見て、時代の流れを掴み、時代にあった工夫を自分の仕事に導入する事

 

◎場合によっては、現在の仕事の違う部分を社内で始める事を提案していく事

 

 ・AIには、出来ない、人が実行する必要がある仕事に今の仕事を変えていく事を自ら学んで、出来るようにする事

 

・書籍を読んで、時代を感じる事

 

・自分の時間を使って学ぶ事

 

・出来ないと思わずにチャレンジする事

 

・社内外の出来る人に教えを乞い出来るようにする事

 

◎自分の仕事がどの様になっていけば良いかの戦略を自身で考える事

 

 

 

ページの先頭へ

 

 

トップページへ



 

 

1億総スキルアップの時代に、どうスキルアップしていけばよいのか!