トップの方の動きかた次第で、会社は、

直ぐに変る!良くなる!

御社の上級役職者の方々は、あなたの顔色をいつも窺っていませんか?

 

 

窺っているはずです。

 

 

これは、どこの会社も同じことです。

 

会社勤めの場合、トップの方や上役に対して、社員は、皆、顔色を窺うものです。

 

当然の事です。

 

 

それに対して、トップの方が、対応しなければならない事は、正義感を持って、役職にかかわらず、

相手の意見を聞き、考えて、最高責任者として、決断をしていく事です。

 

 

しかし、相手の意見が、どういう状況でその意見を言っているのか?

現場にいて、状況を見ていなければ、トップとして正しく判断する事は、困難な事です。

 

 

トップは、ほとんどの場合、現場にいません。

 

社員数が、多くなると現場にいることは、トップとして不可能な事です。

 

 

しかし、トップとして “わかりません” では、すまされません。

 

 

早く決断をしないと取り返しがつかない事になる程、変化のスピードは、速くなっています。

 

 

トップとして、どうしたら良いか?

 

 

それは、トップとの面談が、可能な上級役職者の方の「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」を

ProfileXT® で、アセスメントして、理解しておき、相手のマインドを見て、

相手の言っている事を理解する事です。

 

この方法は、アメリカで、開発され全世界4万社以上が、使用しています。

 

これを使わない手は、ありません。

 

使わないで、自分への良い意味の“忖度”で、気持ちよく毎日を送っていては、

行く先は、“茹でガエル”になる可能性は、大です。

 

 

例えば、自分の意見を良く聞いて、何も文句も言わずに行動する上級役職者の方のがいたとします。

その上級役職者のProfileXT® での「組織従順性」の数値が、「10」だとすると、


下記の様になっている可能性があります。

 

 

 

 

1から10の数値で、「1」と「10」は、正規分布で、ProfileXT® のアセスメントを受けた人の

2.5%の人が、当てはまります。

 

 

「組織従順性」

 

 

 

 

「10」は、

 

・決まった手続きに従う。

 

・ルールのもとで働く。

 

・権威を問題なく受け入れる。

 

 

もし、上級役職者の「組織従順性」が、「10」なら、トップのあなたの意見や指示は、

もし、問題があったとしても
何とかしようと努力して、仕事を熟していくでしょう。

 

 

この上級役職者が、トップのあなたから意見を言われる前は、

真逆な違う考え方をしいていても、あなたの意見に対しては、その上級役職者は、従うでしょう!

 

快く納得した面持ちで!

 

 

ある会社の上席役職者の「組織従順性」が、「10」の方は、カウンセリングをすると

 

「会社から、組織に従う事を言われ続けていた」と言っていて、

持って生まれた「マインド」にマッチして、トップの意向を従う状況でした。

 

 

「1」は、

 

・権威からの指示は、用心深く対応。

 

・個人的な自由度を尊重。

 

・納得できないルールに対して、疑問をぶつける。

 

この様な方は、トップの方や上司の方が、この方の能力を認めている方でなければ、
この方は、上級役職者には、なれません。

 

 

このProfileXT® のアセスメントで、何が、言いたいかは、

 

  1. トップの方は、上級役職者の方々のマインドを理解しておく必要があるという事

 

その人のマインドは、表面上は、10% 位しか見えない。

 

 

 

 

  1. トップの方は、上級役職者のマインドに合わせて、「聞き方」「言い方」「指導の仕方」を変えていく必要があるという事

 

インタビューガイド

 

 

 

  1. トップの方は、もう既に上級役職者の関係は、出来ているので、アセスメントとその上級役職者との対応の方法を利害関係のない第三者に

カウンセリングやコンサルティングを受ける必要があるという事

 

  

 

 

トップの方は、この辺りを実行する事を、非常に恐れます。

 

頭の中では、そんなこともあるかと思われる事もある可能性は、ありますが、

アセスメントをする事によって、会社は、どうなってしまうかをとても恐れることでしょう。

 

 

しかし、トップの方の動き次第で、トップの顔色を窺う上級役職者の方の行動は、直ぐに、

トップの方に合わせて、トップの方の言う通りに変っていきます。

 

 

但し、上級役職者のマインドもわからずに、その方々の対応方法を変えないで、

実行すると上手くいかないでしょう。

 

 

もし、今迄、うまくいっていなかったのなら、それは、上級役職者のマインドも知らずに、

“ナタを振り回して”いたからでは、ないでしょうか?

 

 

ページの先頭へ