自分と気の合わない人と仕事を上手にやるには、 結局どうすれば良いのか?

 

 

仕事をしていく上で、気の合わない人はいらっしゃると思います。

 

気の合う人もいらっしゃいます。

 

気の合わない人と、気の合う人は、どうしているのでしょうか?

 

いろいろな原因もあると思いますが、一つは、自分のマインドに影響する事が

あると思います。

 

気に入る気に入らないは、相手の行動にもよりますが、自分の相手の方に

対して取る気持ちにも影響するのではないでしょうか。

 

自分のマインドを知る事が、それを理解する一つの方法になると思います。

 

自分のマインドは、こうだから相手の行動に対して、こう思ってしまう。

なので、自分の考え方を少し理解していくと気の合わない人との仕事でも

少しは、嫌な気がせずに進められるかもしれません。

 

例えば、自分の「行動特性」の「主張性」が、強かった場合、

相手の主張を聞き取り自分の主張を押し通そうとするかもしれません。

 

 

相手の人も「主張性」が強かった場合、お互い意見が違った場合、

折り合わないかもしれません。

 

また、自分の「行動特性」で、「組織従順性」や「独立性」も

影響してくると思います。

 

社会人になると、気の合わない人とでも妥協して仕事をするようになりますが、

自分の「行動特性」をアセスメントで、人と比べてどれくらいかを知っておくと、

なぜ、その人と仕事をするときにそのような気持ちになるのかが、

理解出来てくる可能性があります。

 

理解できたなら少しは、納得できる可能性も出てくるのではないでしょうか。

 

 

 

ページの先頭へ