マネジメントをしていく上で、マネジャの方が、手に負えない社員の方は、

 

いらっしゃると思います。

 

 

 

いつもこちらの指示に対して、不満げな表情をする。

 

何らかの文句を言う。

 

与えた仕事自体は、こなせるので、能力はあると思っているが、

 

マネジャにとって、使いづらい社員だと思われる部下の方は、

 

何人かは、いらっしゃると思います。

 

 

その様な事は、何処の部署でもあります。

 

 

それは、マネジャの方もその部下の方も“悪いのでは、ありません”

 

 

マネジャも気分よく仕事をしたいのですが、うまくマネジメントが出来ない。

 

この様な状況が、続くとマネジャが、扱いにくい部下との関係は、良くならず

 

マネジャの方やその部下の方のストレスにも繋がってきます。

 

そして、仕事にも影響していきます。

 

 

どうして、この様な状況になるのでしょうか?

 

それは、この部下の方の「行動特性」が、影響している場合があります。

 

「行動特性」の中の「主張性」に目を向けると、「主張性」が、高い場合は、

 

・自己表現やリーダーシップを苦にしない。

 

・競争心が強い。

 

・結果重視。

 

となります。

 

また、「主張性」が、低い場合には、

 

・リーダーに進んで従う。

 

・社交辞令を用いる。

 

・人をコントロールしたいとは、思わない。

 

となります。

 

 

その部下の方は、きっと「主張性」が高い傾向があるとアセスメント結果が出てくる可能性があります。

 

部下の方を、アセスメントすると、その部下の「行動特性」が、わかります。

 

 

なかなかマネジャの方の思い通りに動いてくれない方は、「主張性」が、高い可能性があります。

 

 

また、「行動特性」の中の「組織従順性」をアセスメントしてみると、「組織従順性」が、低い場合は、

 

個人的な自由度を尊重する傾向があり、「組織従順性」が、高い場合は、

 

権威を問題なく受け入れる傾向があります。

 

その他の「行動特性」の「態度」や「独立性」のアセスメント結果を見ていきますと、マネジャの指示に

 

快く従わない状況が、よくわかります。

 

 

部下を見ただけでは、部下の「行動特性」の傾向はわかりますが、アセスメントした結果のようには、

 

わかりません。

 

 

もし、上司が、事前に部下をアセスメントしいて結果が、わかっていれば、

 

その部下に対しての言い方や指導の仕方もわかってきます。

 

 

アセスメントによって、どの様に対応すれば良いかの方法も明らかにされます。

 

 

マネジャの言う事を聞かない部下は、その部下への対応を変えるだけで、

 

もの凄く活躍する場合があります。

 

上司の方も、その部下は、その様な「行動特性」あるのだと納得すれば、

 

心を悩ませる必要は、なくなります。

 

仕事もコミュニケーションも良くなります。

 

 

一度、試しに「アセスメント」をしてみませんか?

 

 

アセスメントをして、自分の結果がわかるとその結果に納得する方が、ほとんどです。

 

 

 

ページの先頭へ

 









 

マネジャの言う事を聞かない社員への効果的な対応