成長、業績回復、業績アップしない状況



 成長、業績回復、業績アップしない状況は、『社員が、聞かない。何も言わない。考えていない。』事が原因です。
会社を成長させる為には、これを変えていく必要があります。

 






  会社の成長には、これを改善することが、一番大切ですが、
 会社として一番手をつけられない事です。



 ここを改善しないと、いくらいろいろと指導しても人は、動かないものです。

 しかし、ここから、目を背けては、いけないと思います。

 
 これを改善して、社員の方々が、自分の仕事に対して、考えるようになり、意見を言うようになると、会社は、自然と成長していきます。





 もし、成長、業績回復、業績アップしていないなら、現状の考え方で、どうしたら良いかを考えることをしても、良くはならないと思います。

現状の考え方から脱して、会社の状況を考えていかなければ、決して良くはなりません。




いろいろな会社を訪問して、現場を見ていますとその会社の人が見れなかった、感じられなかった事を見たり感じる事が出来ます。
 会社の中では、いつも通りに進んでいて、その状況が長く続き、何の問題も無かったりしていると社内の方々は、思われていると思いますが、外部の人が見る時、とても違和感を感じることがあります。

「社員に元気がない。」

「落ち込んでいる社員がいる。」

「とても盛り上がって、元気がある意見を良く言っている上司がいる。」






社内の方々は、いつもと変わらない普通の状況だと感じているかもしれませんが、外部の人から見ると、とても違和感を感じられる事があります。


 
  
業績が上がらない原因と改善、方法





トップページへ

業績をアップさせる為に、境石がアップしない状況を考える