あなたへの報告は、良い事ばかりではありませんか?

 

 

トップからの質問に対して、マネジャの方は、良い事ばかりをあなたに報告していませんか?

 

問題が起こった時に始めて知る件は、ありませんか?

 

この事について、考えてみる必要があります。

 

マネジャは、トップからの質問に対して、ほとんどのマネジャは、良い事ばかりしか言いません。

 

後は、頑張っていますとかの言い方になります。

 

しかし、現場では、問題は多く起こっています。

 

問題になりそうなことで、解決しなければならない事は、いっぱいあり、改善していかなければならないことは、

いっぱいあります。

 

 

でも、マネジャは、トップに良い事を話します。

 

マネジャの方は、トップと面談の機会があると、「なんか良い事はないのか?」と言って、

あえて部下に良い事はないかを聞いて、トップに話します。

 

強いて、問題点も話すマネジャの方が、いらっしゃるとその方のProfileXT® のアセスメント結果の「主張性」は、

高い数値になります。

 

 

 

なぜ、良い事ばかりを話すのかは、それは「トップの方が、怖い」からです。

 

怖いという言い方は、大げさかもしれませんが、問題をトップに伝えて、怒られないか?

自分のマネジメントが、悪いと思われないか?

という様な事を、マネジャは、良く考えるものです。

 

 

これって、会社にとって危険では、ありませんか?

 

 

実際、このような事は、トップに対する事と同じように、マネジャに対しても、部下は、悪い事を伝えません。

 

 

部下から伝わらずに、お客様からや仕入先様からのクレームが、マネジャに直接に伝えられて、

始めて、マネジャが
知るということもあります。

 

何か良い事はあるか?と上から聞く事はあっても、何か問題になりそうなことはないか?

別に怒らないから、言ってくれないかという様な言い方をして、聞く上の方は、余りいらっしゃいません。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

ページの先頭へ

 

 







あなたへの報告は、良い事ばかりではありませんか?