本文へスキップ

国際知財サービス株式会社は、タレントマネジメントを推進しています。

TEL. 045-573-7231

〒230-0003 横浜市鶴見区尻手1丁目11-5


























最も効果のある研修は、アセスメントをして、その社員の思考スタイル、行動特性、仕事への興味を知り
その社員用に作成した個別資料を使って行う研修です。

























「全社研修」とは、どんな研修なのか

企業によっては、社員研修を実施していない企業もあります。

研修をすることによって、業務のスピードが落ちると考えている企業もあるようです。

 企業の中には、毎日、同じように仕事が進んでいる企業もあります。

毎日が、変わりません。

 

この状況は、果たして良い状況なのでしょうか?

 

社員の中には、上司に何か言おうとしても上司は、聞く耳を持っていない。

上司にマネジメントのトレーニングを受けてほしいと思っている社員もいるようです。

こんなことは、社内では、口に出せませんが・・・。

ストレスもたまると思います。

 

もし、学ばなければ、上司の方は、過去の経験や実績を基に仕事を進めていきます。

 

その進め方をしていて、部下が、自分の言う事を聞かないと感じている可能性があります。

または、部下は何も言わないで、自分の言ったことをやっている部下を見て、何も考えない可能性もあります。

 

上司は、部下に自分の言う事を聞かせるための言い方のテクニックを持っている方もいます。

 

世の中は、変わっていきます。

 

何もしなければ、この時代に、上司も部下も今まで通りの仕事を続けていく可能性があります。

 

このまま同じように続けていって、会社は、業績を上げていけるのでしょうか?

 

みんなで学ぶ、情報を収集する、考えるという企業環境は、必要です。

 

これがなくては、会社は、現状維持も出来ません。

 

全社研修で、一番始めに実施するのは、アサーティブ・ディスカッション・トレーニングです。

 

上司と部下が、一対一で、テーマに沿って、始めは、部下が話して、上司が最後まで聞く。

部下が話している時は、上司は、途中で話してはいけない。

話し終わったら、次は、同じテーマで、上司が部下に話して、部下が上司の話を聞く。

同じように途中で、部下は、話しては、いけません。

そして、グランドルールで、ここで話したことを題材にして、仕事場等で、話した相手に

「だから、お前は、そうなんだ」というような事を話してはいけないとしておきます。

 

10数人で、一時間のトレーニングで、これを年4回実施します。

 

これは、とても効果があります。

 

この講師は。外部講師が必要です。

内部の講師ですと、講師の役職が低いと参加の上司が、快くトレーニング出来ない可能性があります。

 

アサーティブ・ディスカッション・トレーニングの内容のページへ  

 

次は、マネジャに対するマネジメント研修を行います。

土曜日の10時から16時位の時間で、年2回位実施します。

マネジメントの歴史や現在の世の中の状況やマネジメントを学びます。

 

マネジメントの歴史から学ぶのは、時代によって、マネジメント方法が違ってきていることを理解することです。

よって、今迄のマネジメント方法では、現在に対応できないことを知ることが重要です。

 

現在のマネジメントをするには、アセスメントをした「タレントマネジメント」を理解していただきます。

 

御社の必要に応じて、アセスメントを実施します。

 

アセスメント費用が掛かりますが、ProfileXT® を実施することによって、自分を理解したり、部下を理解することが出来ます。

ProfileXT® は、一度受ければ、何回も受ける必要はありません。

 

ProfileXT® のページへ

 

 

レジリエンスのアセスメントも効果的です。

 

レジリエンスのページへ 

 

 

更に、戦略・戦術の研修も上司と部下が、一緒に受けて、実際に会社の戦略・戦術を実際に構築するワークショップ研修を

受ける必要があります。

 

上司は、部下からの情報を入手するチャンスになります。

部下は、上司の考えを学ぶチャンスになります。

戦略・戦術は、上司と部下が、一緒に作成する必要があります。

 

 

営業の研修は、実際に営業しているお客様を想定して、

「営業員役」と「お客様役」を設定して、ロールプレーイングを実施します。

 

途中で、ストップして、言い方(聞き方)を指導していきます。

 

ロールプレーイングのページへ  

 

 

会社の状況により、「新入社員研修」や、「若手社員研修」、「QCサークル研修」等を取り入れていきます。

 

 

御社の状況に合わせて、全社研修の内容をお作りします。 


メールで、お問い合わせ下さい。

 











AI ・ デジタル時代、SNSを使ったコミュニケーションが、全盛の時代、

社員の人達の中に明らかに“対人スキル”の差が、出来ています。

企業内のコミュニケーションにおいて、いろいろな世代の方々同士が、コミュニケーションを取る手段は、SNSを使った方法だけでは、完全に取れないと思います。

社員の能力を活かし、これから企業が成長する為に社員の“対人スキル”を向上させていく必要があります。

 “対人スキル”を向上させる為に、通常の研修に体験を多く含んだ“体験研修”を実施しております。

 ◎それでは、ビジネスにおいて、どの様なコミュニケーションを取れば良いのでしょうか?

 ・マネジャと部下

 ・マネジャは、部下の話を十分聞く。

 ・聞いて、情報を入手して、ビジネスチャンスを捕まえる。

・部下と十分なコミュニケーションを取り、指導指示をする。

 ・部下は、上司に自分の考えを伝えられる。

 ・経営者とマネジャ

 ・マネジャは、経営者と十分なコミュニケーションが取れる。

 ◎どのような体験をすると“対人スキル”が、向上するのでしょうか?

 ・アセスメントを受けて、自己を知る。他者を知る。

 ・仕事の現場を想定して、課題について、どの様に対応していくかを学びます。

 ・研修の場で、その課題を解決する事を、実際に体験する。




 

  1. アセスメント

 下記ツールを使いアセスメントを実施致します。

  1. ProfileXT®

◎パーソナリティー調査

・調査概要:職務マッチングに必要な20の指標を測定

・形式:オンライン回答によるセルフアセスメント

・設問数:全314設問

・所要時間:約90分間

費用:24,000円(外税)/名

 

  1. CheckPoint360°™

◎マネジメント調査

・マネジャのリーダーシップについて、マネジャを仕事上観察する機会のある人達の視点で、確認します。

 ・回答グループ:

  本人と4方向から、本人をサーベイします。

  1. マネジャ本人
  2. 上司
  3. マネジャ直属の部下
  4. 同僚
  5. マネジャ関係者等

・サーベイ項目:70のリーダーシップ行動、18のスキルセット、8つの普遍的マネジメントコンピテンシーにまとめられます。

 ・8つの普遍的マネジメントコンピテンシー

  1. コミュニケーション

・傾聴する

・情報を処理する

・効果的に意思を伝える

  1. リーダーシップ

・信頼を築く

・指示を出す

・職責を委任する

  1. 適応性

・状況に適応する

・創造的に考える

  1. 対人関係

・個人的人間関係を築く

・チームの成功を促進する

  1. タスク管理

・効率良く仕事をする

・能力を活かして仕事をする

  1. 成果創出

・行動を起こす

・成果を達成させる

  1. 部下育成

・個人の強みを育成する

・効果的に動機づける

  1. 自己開発

・決意を持って取り組む

・向上しようと努力する

 

・形式:オンラインによるセルフアセスメント方式

・費用:47,000円(外税)/1マネジャ

 

  1. PDCA営業

・調査概要:営業活動におけるPDCA活動

・形式:営業員本人が、Excelシートに記入

 

  1. レジリエンス

・調査概要:起ちあがる力の測定

・形式:本人が、回答用紙に記入

 

  1. アセスメント後のカウンセリング研修
  1. ProfileXT®

・1人30分間のカウンセリング+コーチングを実施致します。

・費用:5,000円(外税)/人

 

  1. CheckPoint360°™

・マネジャに対しての90分間のカウンセリング+コーチングを実施致します。

・費用:30,000円(外税)

 

  1. PDCA営業

・1人30分間のカウンセリング+コーチングを実施致します。

・費用:5,000円(外税)/人

  1. レジリエンス

・1人30分間のカウンセリング+コーチングを実施致します。

・費用:5,000円(外税)/人

 

研修

  1. アサーティブ4回

・アサーティブ・ディスカッション・トレーニングを実施致します。

【内容】

・全員の前で、自分の事や考えを話す。

・テーマに沿って、一対一になり、片方が話して、片方が聞く。

・感想を全員の前で、話す。

【ポイント】

・一対一のグループは、上司対部下、上司対上司、部下対部下の組み合わせ有。

・片方が、話し終る迄、もう片方は、話し手は、いけないグランドルールで、上司は、聞く訓練。部下は、話す訓練になります。

・毎回テーマに沿って進めるので、相手が、何を考えているかが、わかります。

【実施時間X回数】

・60分X4回(月一回X4ヶ月)

【参加人数】

・12名~16名(偶数人数が、望ましいです)

【費用】

・10万円(外税)

  1. 営業8回

 

・営業員8回研修

営業員の方に、人脈、戦略、戦術の構築を指導

ロールプレイング、ワークショップを組み入れて実際の営業活動に活かします。



【目的】 

・「新規顧客開拓」と「既存客の横展開営業」の方法や営業テクニックを学

「人脈営業」と「顧客戦略・戦術」で売上を向上させる事。

【内容:営業成績向上の為の研修のステップ】

第1回:営業能力を向上させる。 (営業の考え方、顧客満足)

第2回:営業方法、営業テクニックを学ぶ。

・自己のPDCA営業活動状況を確認して、不得意な営業工程部分の改善をする。

第3回:新規・既存客の情報収集とキーパーソン、トップ、ライトパーソンへの営業活動。

第4回:顧客戦略・戦術の作り方を学ぶ。

第5回:『戦略ワークショップ』で、自分の顧客への具体的な戦略・戦術を作る。

第6回:人脈営業の方法。

第7回:キーパーソン、トップ、ライトパーソンへの営業。

第8回:受注後のフォロー活動と問題改善提案。

【ポイント】

・営業指導をして、「対人スキル」をアップさせます。

・具体的なお客様に対するロールプレイングを入れて、体験させます。

・人脈の創り方、顧客戦略の創り方、顧客戦術の創り方を学び、実行出来るようにします。

【実施時間X回数】

・90分間X8回 (早朝、定時以降の開催も可能。要御相談)

【参加人数】

・1名~14名

【費用】

・30万円(外税)

  1. ロールプレイング8回

・営業時、どの様にお客様と会話をするか、具体的なお客様を想定して、その場で指導して出来るようにします。



【目的】

・ロールプレイングを実施して、営業時の下手な営業方法を直す。

・他の人の営業方法を見て、参考にする。

【内容】

・営業員の方に、営業員役とお客様役をやっていただき、実際のお客様に対しての営業をその場で、やっていただきます。

・営業員役:営業員。お客様役:講師(澁谷)が実施パターンも都度実施致します。

・ロールプレイング時に下手な営業の場合は、その場で、ストップして、「言い方」「聞き方」を指導して、実際にやってもら覚えてもらいます。

・見学営業員の方々に、感想を言っていただき、参加営業員で、共有します。

【ポイント】

・その都度実施するので、営業の間合い、必要な会話、質問の方法、決めの言葉を体感して出来るようになります。

営業参加者の感想ページへ

【実施時間X回数】

・90分間X8回(1週間に1回開催、約2ヶ月間)

【参加人数】

・1名~8名

【費用】

・30万円(外税)

  1. マネジメント4回

・ProfileXT® アセスメントで、自己理解します。

ProfileXT® 参照

・CheckPoint360°™ のアセスメントを実施後、課題について、指導します。

CheckPoint360°™ 参

・マネジメントの歴史から入り、今の時代に必要なマネジメントを指導します。

【目的】

・現在の自分のマネジメントが、どの様に周りから思われているかを知る。

【内容】

1回目:ProfileXT® アセスメント結果による自己理解、レジリエンス結果による自己の対応理解

2回目:CheckPoint360°™ アセスメントによる周りからどの様に見られているかの理解と行動目標作成。

3回目:マネジメントの歴史から、どの様なマネジメントが、現在必要なのかの理解と行動目標作成。

4回目:実際のマネジメント行動に対しての課題抽出、課題解決。

【ポイント】

・ProfileXT® アセスメントで自己理解する事により、理解が深まります。

・CheckPoint360°™ アセスメントで、どの様に自分が、見られているかがわかります。

・今の時代に合わせた部下人材に対してのマネジメントを理解出来ます。

・実際にマネジメントしての課題に対して、指導し相談にのります。

【実施時間X回数】

120分間X4回(月2回、2ヶ月間実施)

【参加人数】

マネジャ1名

【費用】

20万円(外税) 

(注)別途、ProfileXT® アセスメント費用:24,000円

CheckPoint360°™ アセスメント費用:47,000円(外税)が、掛かります。


研修


基本的な研修、ワークショップ、トレーニングの進め方


1. テーマに沿って、研修、ワークショップ、トレーニングを実施しますが、自らが、状況に応じて考えて、意見を言えるようになる為に、途中で、参加されている社員の方々に簡単な質問をしていきます。(例:~について、あなたは、どう思いますか?)

2. 社員の方が質問に対して、答えられない場合は、その社員の方にあった考え方のヒントをさしあげて、本人が考えて意見が言えるようにしていきます。

 ※詳しくは、下記の当社の研修、ワークショップ、トレーニングの進め方の特長についてのFAQをご参照ください。



・御社に訪問して指導します。
・御社の状況ににより、研修内容を作成します。
・「ロールプレイング」は、実際のお客様を想定して、実践トレーニング致します。

「PDCA 営業アセスメント」で、個人の営業状況確認します。


         
                                                                        

 「既存客拡販」「新規顧客の開拓」 

   





  営業研修の参考書は、こちらです。



     



クリック研修参加者の声・・・




新入社員社員研修






・御社に訪問して指導します。期間、費用別途
・学生から社会人への移行を経済産業省の「社会人基礎力」に沿って指導します。

社会では、いろいろな年代層の方々が、一緒に働く時代。

 新入社員の方々が、次のように入社後の教育を受けて、育っていけば良いかを新入社員の方々の状況を把握し最適な進め方を考えて、ご指導致します。

 【目的】

  1. いろいろな年代層の方々と仕事が出来るビジネスマナーを身につける。
  1. 学生と社会人の違いを厚生労働省と企業が作成した「社会人基礎力」を基に理解して働ける。
  1. ビジネスに取って重要な「営業のスキル」を営業員になる方も、技術職も一般職の方も身につける。

【内容と時間】

  1. ビジネスマナー:実際に体験して身につける。(1日研修)
  1. 「社会人基礎力」:座学、ワークショップで、理解する。(1日研修)
  1. 営業の理解:座学、テーマに沿って戦略立案、ロールプレイングで、出来るようにする。(2日間)

 

【費用】

・40万円(外税)



詳しくは、お問い合わせください。


















































































トップページへ


























































































































































































































































































































































































































バナースペース