「社内評論家」「社内法律家」「社内政治家」について

 会社内には、いろいろな社員の方が、いらっしゃってご自分では、意識はされていない方もいらっしゃいますが、大変失礼な言い方で申し訳ないと思いますが、「社内評論家」「社内法律家」「巣社内政治家」のような方々が存在します。

 この方々の行動は、会社の業績に貢献してきました。

しかし、今のビジネスのスピードがもの凄くはやい時代に会社や社員の方々への影響は、とても大きく、会社のこれからの進む道をストップさせてしまう事もあります。

 会社にとっては、この方々は、必要です。

経営者の方や他の社員は、この方々との対応方法を、会社の将来を踏まえて良く検討する必要があります。

まず、手始めに社内で、誰が「社内評論家」「社内法律家」「社内政治家」なのかを知る事です。

次に、感情的にならず、相手の方を理解してどのように対応したらよいかを検討することです。


 ビジネスの方法は、時代と共に変えていかなければ、企業の成長はありません。

自社内の「社内評論家」社内法律家」「社内政治家」の方々の特色を良くつかんで、その方々心理状態や考え方、行動原則をつかみ、うまく三者に動いていただき、これから必要なビジネスに進むようにしていくことが必要です。

 
 その場合の動きで、必要なことは、


     「社内評論家」 > 「社内政治家」 > 「社内法律家」 の動きを理解しての動きが、必要です。


 決して、 → 「社内法律家」 → 「社内政治家」 → 「社内評論家」 への動きを取ると、失敗する可能性があります。










トップページへ