会社を成長させる 社員の “栄”会話

 

前向きな会話が社員同士で実行される事によって会社は、成長して、業績をアップさせることが出来ると信じます。

逆に、後ろ向きな会話しか社員の方々がしない。後ろ向きな事しか社員の方々が思わない。社員の方々が、失敗して指摘される事や周りの状況をを恐れて、社員同士が会話をしない状況になり、不機嫌な表情をしていると良好なコミュニケーションが社員同士で取れずになり、なかなか会社が成長出来ない状況になる場合があると思います。

 この状況は、社員の方々が皆、静かに黙々と普段通りに仕事をしている。

しかし、何の変化もないという状況です。

上司の方の中には、良い状況だと思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事が、ただのルーチンワークになり、進歩がありません。






 このような場合は、「会社を成長させる 社員の “栄”会話」が必要です。

 英語の英会話のように 営業の“営”会話があり、会社を成長させる社員の“栄”会話を実行しませんか?

 

実行できるようにするためには、トレーニングが必要です。


同じ部門の上司や部下が同時に集まって、会話をするトレーニングが必要です。




 


そんなこと必要ないと思われる方は、仕事をしている社員の気持ちがわかっていないのではないかと思います。

 

社員の方々や上司の方を交えて、「会社を成長させる 社員の“栄”会話」のトレーニングを実行することによって、社員の方々のモチベーションがアップして、やる気が出て、コミュニケーションが、アップします。





 そして、会社の成長に繋がります!                    

 

会社を成長させる 社員の “栄”会話 のワークショップを御社で開催します。







     “栄”会話トレーニング

 仕事中に社員同士や上司の方々が、会話が無くなっている部署の皆様へ

適度のモチベーションの上がる会話は、お互いに仕事の進捗を遅延させるのではなく、仕事を成功させるための社内の良い人間関係を構築します。

 以前、隣の席の人への連絡もメールで行っているという記事がありました。

会社を成長させる為の会話の基本は、挨拶や何かの用件を相手に話す時に話す用件に続けて、コミュニケーションを取ることです。

 

現在は、会社を成長させる為に “栄”会話のトレーニングが、必要です。

 上司の方も交えて、同じ部署の方々で、“栄”会話のトレーニングをしますとその後、自然と「上司」「社員」の会話が、はずむようになり職場は、良い雰囲気になります。

 

“栄”会話トレーニング

1. 挨拶後の会話

・挨拶して、次に何かを言う。

 ①相手の事を言う。

 ②自分の事を言う。

 ③天気、気温等の会話をする。

 

2. 仕事の質問の会話

・質問をする可能性がある時は、相手の方と事前に何かを話して(挨拶、天気等)その後、~の場合、質問してもよろしいでしょうかと聞いておく

・質問時、「~さん(又は、役職)、お忙しいとき申し訳ございません。~の質問をしてもよろしいでしょうか?」

 

3. 仕事が、うまくいった後の会話

・本人:仕事の成功した話をした後、成功したのは、~さん(皆さん)のおかげです。ありがとうございますと言う。

・上司:良かったといった後、頑張ったなと言う。

 

4. 仕事で、ミスをしたときの会話

・~のミスをしてしまいましたと言った後、申し訳ございませんでしたと直ぐに謝罪する。相手が、納得するまで、謝罪する。(この謝罪がないと、問題をいつまでも引きづります。

 

5. 仕事での会話

・~と言った後、相手の人を誉める。

・相手の人にお礼を言う。


  ・相手の人に感謝する。







詳しくは、お問い合わせください。



メール



トップページへ