1.これからの時代に必要な社員の方が、御社の中に埋もれています。


現在、活躍していないと思われている若手社員の方が、これからの時代に活躍する社員になる可能性は、

十分あります。

今までの仕事のやり方、過去の経験が現在の職場の仕事の進め方でしたら、これからの時代を

乗り切っていくのは、困難です。

時代の受け止め方が、今までの時代と変わってきています。

それに伴い、商品やサービスの方法も変わってきています。

この変わった商品やサービスを会社で、今までのビジネスを作ってきた方々は、感じられるでしょうか?

その感じをビジネスに投入出来るのでしょうか?




投入しようとして、考えても今の若者たちの会話や遊びに参加していない今までの会社を

引っ張ってきた方々は、理解できるのでしょうか?


御社の中で、「あいつ、何やっているんだ」と言われてきた若手社員が、何人かいらっしゃると思います。

今まで、ビジネスを作ってきた人たちとは、感性も考え方も友人も違う若手社員に対して、

今まで、やってきたことを当てはめようとしてきたと思います。

そして、その当てはめようとしたことが、当てはまらず無駄になり、そのような若手社員に対して

「あいつは、駄目だ」という烙印を押してきたのではないでしょうか?


2.これからの時代は、変わっていきます。


これからの時代は、「あいつは、駄目だ」と言われてきたような若手社員の時代になります。

必然的にそうなります。

今までの感性を現在の商品やサービスに押し付けても、若者たちは、目を向けません。


若手社員の感性や考え方が、重要な時代になってきます。






一部の成功している会社は、その考え方を受け入れています。



3.それでは、どうすればよいのか


今までのビジネスを作ってきた人々も、とても重要です。





今まで、一生懸命にビジネスを作って来た社員の方々が、若手社員や、

今まで、自分の意見を言えなかった社員、考えなくなってしまっている社員の方々を

重要視していく必要があります。そして、その方々の力を発揮出来るようにする事です。


今まで、仕事が、出来なかったとされてきた方々が、どのように自社の商品やサービスを

感じているか知る必要があります。


それは、自社の製品やサービスが、他の人々にどのように感じられているかを知ることに

繋がります。

若手社員等が、どのように考えているかを聞くことによって、若手社員の考えを知ると同時に、

若手社員が考えることを開始させます。



考え始める事になります。


考える事によって、現場で、若手社員が他社の方やお客様とコミュニケーションをとるようになります。

そうすることによって、世間の声が、今まで、ビジネスを作ってきた社内の人々に伝わるようになります。

今まで、ビジネスを作ってきた人々が、今までのやり方を押し付けていくことは、

会社の自殺行為に繋がります。


世間では、いろいろな場面で、今まででしたら「そんなことありえない」と思っていたようなことが、

実施されるようになり、瞬く間にSNS等でも、拡散して、その行動の真似をする企業が、

成功の道を歩き始めています。


4.どうしたら、今まで、ビジネスを作ってきた方々が、

「あいつは、駄目だ」と思ってきた方々の声を聞くことが、出来るのでしょうか?



それを考える前に、もう一度、「あいつは、駄目だ」と思ってきた方々が、本当に、駄目なのでしょうか?


もしかしたら、「あいつは、駄目だ」と思っているあなたが、本当は、駄目なのではないでしょうか?

これからの時代の若者に合わせられない駄目な方なのかもしれません。


大事なのは、自分の考え方を知ることです。







何か事が起こった時に、自分は、どのような考え方をする傾向があるのかを知ることです。

それは、人それぞれ違います。


自分は、どう考えるかを知ることによって、起こった現状に対して、一歩下がって、

状況を見ることができます。

そして、一歩下がった状況で、どのように行動したらよいかを考えて、行動が出来るようにするべきです。


例えば、「あいつは、駄目な奴」だと思っている若手社員が、自分が、言った指示に対して、

何も言わないが、嫌な顔をしたとき、今までなら、「なんだあいつ」と瞬時に思って、

無理やりやらせていたような事に対して、なんで、そのような嫌そうな顔をしたのかと考えて、

聞き方を考えて、若手社員に「こうしたいと思うんだけど、どう思う」と聞いてみることだと思います。

そして、若手社員が、言ったことに対して、「どうして、そう思うのか、教えてほしい」と言って、聞くべきです。

その後「どうやれば良い?」と聞いていく必要があります。

自分の行動のパターンを知り、単にその行動をするのではなく、相手の行動に合わせて、

相手から情報を入手する。

相手とコミュニケーションをとる事です。










自分を知ることによって、自分の行動がわかり、自分の気持ちに合わせて、

考えずに自分の行動をする事を、やめてみることです。





5.どうしたら、若手社員が、意見を言ったり、活躍出来るようになるのか?

今まで、ビジネスを作ってきた人が、若手の有用性に気付く事です。

若手に指示するだけではなく、若手の考えを導き出す努力をすることです。

次に、若手が、今まで、ビジネスを作ってきた人に考えを言えるようにするには、

今まで、ビジネスを作ってきた人と若手が、話をする。話を聞くトレーニングの場を持つことです。



練習が、必要です。



6.アセスメントで、自分の思考パターンや、行動のスタイルを知ることです。



自分のことを知ること。








そして、相手のことも知ることです。




上の二人の行動特性を比べると、明らかに違います。


上は、社交性が「8」で高く、下は、「3」で低いです。

上が、ビジネスを作ってきた人でしたが、若手だとすると、ビジネスを作ってきた人と

若手の行動は、変わります。



自分のことや相手のことも知ることによって、相手が、どの様に考えるか?どのような行動を

取りやすいか?どうしたら、相手が、動くかが、わかるようになります。



7.タレントマネジメントをすることです。


今の時代は、いろいろな年代の方々が、同じ職場で、働いています。

相手の人が、働きやすくする必要があります。



8、重要なことは、会社で働いている方々が、協力して働いていく体制をとることです。




コミュニケーションを良く取り必要な情報や状況を知る事です。


仕事の経験がある人は、若手社員から情報を入手する事です。

上から目線で、若手社員をみない事が、重要です。

上から目線で、若手社員の方々を見た段階で、その経験がある人は、時代に乗り遅れる可能性が、

出てきます。

若手の情報や若手の力を使う事。

そして、それによって、若手社員も経験のある社員と協力して、仕事をしていく体制を作ることが

重要です。


社内で、社員の方々が、そのような気持ちになり、世の中の状況に合わせて行動していく事が

とても重要なことです。



それによって、会社は、変化の激しい時代を生き残っていきます。




それが出来る会社になるようにお手伝いをしています。







ページの先頭へ





トップページへ























せっかく、能力があるのに、仕事で活かせない社員の方が、変わる方法です。
社内には、これからの時代に、必要な社員の方が、埋もれています。