部長、課長、係長が連携して仕事を進めていると思います。

 

果たして、部長、課長、係長は、自分の力を発揮しているのでしょうか?

 

 

周りから見て、うまくいっている様に見ても、実際には、部長、課長、係長が、

力を発揮出来ていない場合があります。

 

もし、部長、課長、係長が、全力を発揮して、仕事にのぞめていれば、

更に業績がアップしている可能性があります。

 

 

部長、課長、係長の関係が、どの様になっているかチェックする必要があります。

 

会社では、この三者の関係について、目を向けない場合が、多いようです。

 

アセスメントを取り入れて、状況を把握する事をしなければ、本当の状況は、見えません。

 

 

◎チェック・ポイント

 

  1. 部長の指示に対して、課長、係長は、従っていて何も意見も言わない。

 

・今迄、指示には、従うものと口酸っぱく指導を課長係長にしてきた場合、何も言わなくなります。

そして、指示に従います。

 

・課長、係長が何も部長に言わないのは、情報が上に上がらず、会社としてとても危険です。

 

 

  1. 部長の指示に対して、課長、係長が、反論する。

 

・反論しても、最後は、部長の言うとおりになる場合は、とても危険です。

 

・部長が、下の者の意見を聞かない。

 

 

  1. 課長、係長が、いつも反論するので、部長は、面と向かって指示をしないで、メールで指示をしている。

 

・部長が、コミュニケーションを取らなくなっているのは、とても危険です。

 

 

  1. 部長が、何もしていないので、課長が、主体になって係長を動かしている。

 

・部長は、結果だけを聞いて、上に報告している。

その場合、部長は、いらなくなります。

 

 

◎部長、課長、係長の関係を良くして、各自が力を発揮して、業績を上げるには、どうしたら良いか?

 

 

  1. 部長、課長、係長の関係を調べるには、360°アセスメントをする必要があります。

 

・部長が、どの様に上司、部下、同僚、他部署(仕入先、顧客)の4方向から、

どのように見られているかを知る事が出来ます。

 

・360°アセスメントの結果から、部長への指導が可能です。

 

・部長は、自己の評価結果を知る事が出来て、上司もその結果を見ている事を理解した結果、

行動変容する可能性があります。

 

 

  1. 部長、課長、係長のアセスメントをして、「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」を調べる。

 

・三者で、各自のアセスメント結果を共有する事によって、自分の状況と他者の状況を理解して、

相手に対して、どの様な行動を取れば良いかがわかり、効率よく各自が、行動出来るようになります。

 

 

  1. 部長、課長、係長と個人面談をして、状況を確認する。

 

・各自のアセスメント結果を基にして、現状のヒアリングを実施します。

 

・各自の課題を出させます。

 

・他者とのかかわり方を考えてもらい行動してもらいます。

 

 

  1. 部長、課長、係長への指導をする。

 

・1~3の結果に基づき指導をします。

 

 

上記の指導をして、部長、課長、係長が、力を発揮して、邁進するようにしていく必要があります。

 

 

 

ページの先頭へ

 

 

 








 

部長、課長、係長が、自分の力を発揮するには、どうしたら良いのか?