『ビジネスモデルイノベーション』に移行するための社内人財発掘コンサルティング

With コロナ時代、いろいろな企業が、ビジネスのスタイルを変化させています。

 

どうなっていくかわからない時代に、

 

中小企業は、持続化可能な企業への移行の取り組みが重要になってきます。

 

重要なのは、「製品イノベーション」「プロセスイノベーション」と

「ビジネスモデルイノベーション」です。

 

特に「ビジネスモデルイノベーション」は、変化の時代に重要になってきます。

 

 

トップの方は、いろいろ模索されていると思います。

 

 

どのように進めていけば良いのでしょうか?

 

まずは、人財です。

 

 

新しいビジネスモデルを実行するには、どのような人財が、必要なのでしょうか?

自分の意見を、上司に対しても主張していけて、内容を客観的に論理的に検討出来、

人とのコミュニケーションも積極的に実行出来る行動特性がある。



 


思考スタイルもマッチして、事業開発に対する興味がある人財を探す必要があります。

 

外部からではなく、御社内の社員の方にそのような「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」を

持っている方を探せばよいと思います。

 

今迄の階層型でのメンバーの選定では、難しいと思いますが、社内には、適任の方が

いらっしゃると思います。

 

 

ここで、実施の重要なポイントは、

 

1.イノベーションへの取り組みに対して、ストップをかけかねない「社内評論家」「社内法律家」「社内法律家」への注意。、

 

  「社内評論家」「社内法律家」「社内法律家」のページへ

 

2.適切な人財をアセスメントで、選定する事。

 

  アセスメントをしないと、人の見えていない所は、見えないです。

 






3.人財を選んだら、進め方のアドバイスを受ける事です。

 

  社内で進めるには、どのように進めたらよいか、その現場で違ってきます。

  現場を考えないで、進めると、うまく進められません。

 

 

実際に、「ビジネスモデルイノベーション」を実施して成功した例をご案内いたします。

 

この例は、パソコンの販売を「かんばんシステム」で、製造して、翌日にパソコンをお届けするモデルです。

 

 

 

コンサルティング致します。

 

 

詳しくは、メールで、お問い合わせください。

 

 

 

ページの先頭へ