12.お客様の会社の「決定権」を持っている方を教えてもらったら、次にしなければならない事

担当者の方に見積もりを決定する方を教えてもらうには、あらたまって聞くのではなく、エレベーターに乗っているときとか、

廊下を歩いているときに何気なく聞きましょう!

 

「見積って、どなたが、購入するか決めるんですか  ?」

 

「見積って、~部長が、決めるんですか  ?」

 

「見積って、~さん(聞いている担当者の名前)が、決めるんですか  ?~課長さんですか  ?」

 

聞くときの表情は、笑顔で聞きましょう!

 

もし答えていただけなければ、「~さんですか  ?」と聞いて、担当者が何か言う迄、黙りましょう。

 

それでも、何も言わない時は、担当者の表情で、その方なのか、違うのかを判断しましょう。

 

前回、決定する方とコミュニケーションを取りましょうとしましたが、同時にしなければならない重要なことは、その決定する方が、

どういう人かを見抜くことです。

 

その人を見抜いて、その方に決めていただくように営業をするのと、しないのとでは、結果が、全然違ってきます。

 

 

ページの先頭へ