組織再編の過程において、役割と人材をどうマッチさせるか?

 

戦略実行に向けた適材配置になっているか?

 

入社後、職場の異動なしにその職場で経験を積んできた多くの社員の方が、いらっしゃると思います。

 

総務部に配属されましたが、技術部に配属されましたが、アセスメントをしてみて、

その部署のパフォーマンスモデルと比較した場合、本当は、営業に向いていたという事もあります。

 







【実例】

 

実際には、営業部に配属られていましたが、営業部では、余り売れない。活躍出来ないという結果になり、

ProfileXT® ノアセスメントを各部のパフォーマンスモデルと比較して、総務部が、一番マッチしているという結果が出て、

営業部から総務部へ異動したところ、総務部で、活躍しているという例もあります。

 

 

各職務と個人のジョブマッチ率を表示します。

 

本人がどの職務において、ポテンシャルを発揮できるのか?

 

職務での成功を予測します。

 

ProfileXT® アセスメントのコーチングレポートとの併用で、個人の可能性の最大化を目指します。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

 



 

 

タレントマネジメント・サイクル

⑥再配置