マネジャがオンラインで、アセスメントによって部下を理解して、マネジメント出来るようになる。

 

 

部下を圧倒して、権力で部下を動かそうとしていたマネジャの出る幕は、無くなってきています。

 

オンラインでは、そのやり方でのマネジメントは、不可能に近くなっています。

 

オンライン上だけでは、部下の状況がつかめなくなっているからです。

 

 

かと言って、勤務時間中、家庭でオンライン勤務をしている部下の状況を映し出して、マネジャが、

会社に出勤して見ているという状況を作った場合は、社員のストレスは、今まで以上にアップします。

 

社員は、会社に出勤していた時、ストレスを感じた時は、マネジャのいない所で、気の合う同僚に愚痴を言ったり、

飲み会をやって、ストレスを発散してきたと思います。

 

今の状況ですと、マネジャや社員の方々は、一杯いっぱいになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そうでなければ、諦めているか・・・。

 

 

今のリーダーシップは、自己の思考スタイルや行動特性を活かして、部下を動かす事が、必要になってきています。

 

オンラインでマネジメントをしていくには、マネジャは、自分の事を知り、更に部下を知る必要があります。

 

 

今までの会社に出社した時は、自分と部下とのコミュニケーションでなくとも、社内ですとマネジャは、部下の状況を見ています。

 

マネジャは、部下の反応を見ていて、部下の状況を把握しています。

 

 

部下とコミュニケーションをしていくとマネジャの言動や行動に反応する部下の状況で、部下の気持ちを理解して、

マネジャは、部下をマネジメントしてきたと思います。

 

 

もし、このまま在宅勤務が続いていくと、経営者は、業績アップの為、ジョブ型雇用を採用していく可能性も出てきます。

 

 

でも、そこに急に飛んだら、ついていけないマネジャや社員の方々が、出てきてしまうのではないでしょうか?

 

従業員の気持ちが、アップアップしてしまいます。

 

 

どうしたら良いかは、下記の本で、マネジャは、自分を知り、部下を知る事の重要性を見てください。

 

「部下指導は、部下の特性を知ってから」

 

 

 

 

ページの先頭へ