◎今迄、業績を上げてきたとの自負があり、もし、自分が完璧だと思っていたら、「自分の課題は、気が付かない」と思います。

 

他の人の意見が、耳に入らなくなってしまっていませんか。

 

A社員が、自分に状況を話してくれるような上司になる必要があると思います。

◎思い込みが激しいかもしれません。

リーダーシップがある人は、思い込みが激しい方が、多いものです。但し、部下を引張っていくようにする事は、得意だと思います。

 

しかし、自分の思い込みが、現代の変化の激しい時代において、部下とのコミュニケーションにおいて、障害になったり、

部下からの報告を受けられずに現場の状況が、わからずに課内での仕事で、うまくいかない事がある可能性があります。

B課長は、仕事においては、過去の経験から、仕事を実行する力が身についています。

この問題は、こうやれば良い。これは、こうすれば良いというようにB課長は、過去の経験から、部下に指導をしていきます。

そこでのB課長の問題は、柔軟性を無くしてしまう事です。

B課長が、プレーヤーとして働いてきた時代から、今の時代では、変ってきている事もあるかと思います。

 

思い込が強すぎると思われる上司は、この状況ならこうだという思い込む傾向がある事を理解して、

思った事を直ぐに言うのではなく、頭の中で、部下のマインドを考えて、どの様に伝えたら部下が、行動するようになるかを考えてから伝える事が必要です。

部下の意見にも耳を傾けて、自分では、考えもつかなかった他の可能性がある考えだとか、現場の状況だと受け止める事も必要です。

それにより、部下のモチベーションを落とす事なく、課長として、部下に信頼されるようになります。





「やる気バリバリ積極的上司」へのアドバイス