現在は、多くの会社で、360°診断を実施されていると思います。

 

360°診断を実施する上での注意点があります。

 

  1. 診断される方が、診断者を選ばない事

 

診断される方は、自分に有利な回答をする方を選ばれる可能性が、あります。

それによって、診断結果が、変る場合が出てきます。

 

 

  1. 診断者が誰なのかは、絶対に公表しない事

 

公表して実施した場合、感情が行動に出る可能性がある為、

その後の仕事に影響が出る可能性があります。

 

 

  1. 診断された方の結果の後のフォローをしなければならない事

 

診断された人は、その結果において、他者の評価に対して、とてもインパクトを感じます。

 

当然、360°アセスメントは、それが目的で実施するのですが、診断を実施された方が、

どの様に受け止められたかを
把握して、その後に仕事に影響が出ないように

フォローをしなければなりません。

 

・自分の今までの仕事に対して、極度に自信を無くしていないか?

 

・自分を評価した方々に対して、不満が発生していないか? 不満を周囲に話していないか?

 

・自分は、正しいと自分の正当性をアピールしていないか?

 

このような状況がないかを会社の部門とは関係のない第三者が見て、

もし、そのような状況が、発生していた場合は、
その実施された方に「カウンセリング」をして、

状況を確認していく必要があります。


 

  決して、この場合「コーチング」で、診断された方を導くのではなく、「カウンセリング」が必要です。

 

 

  少し時間を掛けて、診断された方が、自分に対して気づかれる時間が必要になります。

  

  360°アセスメントを受ける前に、ProfileXT®のアセスメントを受けておき、

自分のマインドをアセスメントして、その方が、把握しておくと
理解と行動変容が、早まると思います。

 

 

ページの先頭へ

 


 




360°アセスメントを実施する上での注意点!