自分の事をもっと知って、自分の壁を乗り越える。

 

 

これからの時代は、会社の業績を上げる為に従業員は、自分の能力を発揮して

活躍する必要があります。

 

活躍する為には、自分の考えを主張する必要があります。

オンラインでの打ち合わせが、一般的になってくる時代、

自分の意見をはっきり主張しないと目立たない存在になる可能性があります。

 

仕事は、作り出していくものであり、受け身で言われたことをやるだけでは、

オンラインの時代、存在価値は、減っていきます。

 

もし、あなたがオンライン会議で、自分の意見を言えなかったり、上司に提案出来なかったりした場合、

「主張性」が、弱い。「決断性」が、低いのでしょうか?

 

あなたの「主張性」や「決断性」をアセスメントして、正規分布化し他者と比較してみる必要があります。

 

あなたの行動特性を正規分布化して、「1」から「10」で、表して自分の結果を知る必要があります。

 

自分の結果を知るようになって、始めて自分の行動を変える事が出来ます。

 

仕事をする上で、自分を変えないで、何も変えないで、流される事は、とても危険な事です。

 

「主張性」「決断性」の他にも「エネルギー」「社交性」「組織従順性」「態度」「協調性」「独立性」「判断の客観性」においての

9つの行動特性で、自分のアセスメント結果を知り、これからの時代に活躍できるように、自分の事を

考えましょう!

 

そして、今迄持っていた自分の壁に気づき、自分で行動変容して、会社で活躍する人財になるようにしませんか?

 

 

 

ページの先頭へ