気持ちの入った営業は、出来ていますか?

営業員は、気持ちの入った営業が必要です。

 

気持ちの入った営業をするという事は、自社製品やサービスに対しての

営業員の思い入れが必要という事です。

 

自社の製品やサービスが、他社と比べて、見劣りしていたとしても、他社と比べて、

自社製品の良いところを自ら探して、素晴らしいと心から思い営業をする必要があります。

 

営業員は、お客様との商談において、お客様は、営業員がどういう人で、

どういう気持ちで、営業をしているかを感じ取っています。

 

お客様は、会社の説明や商品の説明をしている営業員の表情や言葉を聞いて、

この営業員は、本当に自社の製品やサービスを素晴らしいと思って営業をしているのかを

感じ取っています。

 

やる気があるのかという事や購入して、安心かどうかも考えます。

 

お客様に安心感を持っていただくためには、営業員が、気持ちの入った商談をする必要が、

あります。

 

気持ちの入った商談とは、どこが自社の製品やサービスで、良いところなのかを営業員自身が、

本当に思い、お客様に伝える事です。

 

営業員自身が自社製品のどこかを良いと思っていないとお客様に、商品説明をしても

お客様に伝わりません。

 

お客様は、営業員の気持ちの入った営業にひかれて購入を検討します。