マネジャのリーダーシップのためには、何が、必要なのか。

それが、必要な理由はどうしてか。

マネジャは、この点をおさえて実行出来なければ、上司から許容されても、

部下からは、信頼されないので、結局うまくマネジメント出来ず業績を上げられない。

 

 

マネジャは、職務において、部下に指導や指示をします。

 

基本的に人は、考え方や気持ちが、人それぞれ違うという事があります。

上からの押し付けをマネジャが、部下に対して実行すれば、大抵の部下は、実行しますが、

前向きに実行するかといえば、そうではない可能性があります。

 

部下が、やる気を出して実行するためには、部下の事をわかっている必要があります。

 

部下によって、言い方を変えたり、指示する方法も変える必要があります。

 

同じ方法で、いろいろな部下に指示や指導をしていくと、効果は上がりません。

 

マネジャによっては、各部下に対してどのような言い方で、指導すれば、部下がやる気を持って

前向きに実行するかを考えて実行している方もいらっしゃいます。

 

しかし、そのマネジャが、見ただけでは、どのような言い方等で指示や指導すればよいかは、

本人は、わかっているつもりでも、完全にはわかっていないので、うまくいかない可能性があります。

 

部下は、マネジャと年代層も違います。

若手や元自分の上司だった役職定年者の部下に対して、マネジャの過去の経験からでは、

部下がやる気を持って仕事をしていくようにするには、無理があると思います。

マネジャの上司は、マネジャが、部下の事を考えずに指導や指示をしていても、

許容範囲で、マネジャの指示や指導に対して、何も言ってこないのが普通ですが、

部下の事をよく知らずに、指示や指導するのは、部下自身が積極的にならない可能性があるので、

業績にも影響してきます。

 

部下の事を考えているマネジャでも、部下の考えを把握することは、困難です。

 

アセスメントを使って、部下の事を知るようにしましょう。

 

ProfileXT® でアセスメント した「行動特性」は、下記になります。




 






 

この結果を見ると、この部下は、どのような行動を取るかが、見えてきます。

 

部下の事を理解して、その部下に合わせた指導や指示をしていくと、

部下は、やる気を持って行動していきます。

 

このやる気を持たせるようにできる事が、マネジャのリーダーシップにおいての始まりであり、

会社の業績を上げるために必要なことです。

 

この基本的なことを理解していないマネジャでは、会社の業績をアップさせることは、出来ないでしょう!

 

 

 

 

ページの先頭へ

 

 

 





マネジャのリーダーシップのために必要なことを
「アセスメント」で補強しませんか?