AIやデータを活用して人事労務関係の仕事を実施する時代になってきました。

1.AI(人工知能)、データに代表される技術の進展

2.少子高齢化による生産年齢人口の減少

「勘と経験と度胸(KKD)」では、仕事において人に関することに

対応していくことは、困難であり、もはや、最適な対応はできない状況に

なっています。


「タレントマネジメント」のご採用をおすすめ致します。

 

ビジネスの方法が、AI、デジタル化されてきています。



 
お客様は、その流れに乗ります。




 
ビジネスの方法は、その仕組みに乗っていきます。

 


今迄の「仕事を言われたようにやる」ような仕事のやり方では、

業績を上げ続けていくのが厳しくなっていきました。

 しかし、現在、会社で働く従業員の方々は、目の前の仕事、

課題に邁進されているのではないでしょうか。

 


 マネジャに「考えているか?」と聞かれた従業員は「考えています」と答えるでしょう。

 

トップから「従業員の話を聞いているか」と聞かれたマネジャは「聞いています」と答えるでしょう。

 

 これで、済んでいませんか?

 

これで、納得していませんか?

 

従業員の方が、効果的に働く為に「タレントマネジメント」で、乗りきる必要があります。

 しかし、「タレントマネジメント」について多くの人は、感情を観察して対応される事に抵抗を

感じる方もいます。

 

でも、社員の方に「考えて動いて」もらわないとこれからビジネスを創り上げていく事は、

困難です。

 



 

AIは、知的行動を人間にかわって、機械で実行する。

 

EIは、自分や相手の感情を把握し、うまくいくように自分や相手の感情をコントロールする。

 



人は、仕事において、集団をコントロールして、仕事の業績を上げてきました。

 

新しく「経営戦略」や「営業戦略」を実行に移すには、このEI能力を使う事に目を向ける必要があります。

 

EI:「感情的知性」は、自分のマインドを知る事によって、自ら自分の事に気づき、

行動する従業員の方が出てくる可能性があります。

 

タレントマネジメントでマインドをサーベイする「ProfileXT®」で出た結果は、

点数が低いから悪い。

 

点数が高いから良いという事では、ありません。

 

そのようなマインドがあるという結果です。

 

ですから、自分を良く見せるようにする為に良くなるように回答する必要もありません。

実施後には、結果に納得する方も多いです。

 

部下のProfileXT®の結果を知る事によって、マネジメント力が、アップするマネジャの方も出てきます。

ProfileXT®の結果によって、どの様にしたら、部下が、仕事を良くするようになるかがわかるからです。

 

今は、いろいろな年代層が、一緒に生活して、働く時代です。

「タレントマネジメント」の考え方を使わないと無駄なく効果的にビジネスをする事は、

難しいのではないでしょうか。

 

 

今こそ「タレントマネジメント」の考え方を使って業績を上げる時です!

 

勘と経験から、社員をアセスメントして、データを取り、

有効に活用する時代へ

「今までの会社の進め方」と「会社を成長させる 

『タレントマネジメント』 」への第一歩











下記、「HRテクノロジー」ツールです。

 

     OAS   「組織の状況を見る」


Organizational Alignment Survey™

組織アライメントサーベイ
組織の現状を測定し、打ち手を導きます。


 競合会社との差別化を図り、顧客に十分なサービスを提供できたいますか?
企業戦略と社員のアライメント(方向性の一致)を図ることで、企業の可能性を最大限に
発揮させるサーベイがOASです。
OASは、市場の動向と企業の方向性が一致した「アライメントした組織」や組織内部が
市場と連動し、企業の将来展望に
結びついていく「学習する組織」の構築のお手伝いします。













    ProfileXT®   「社員のマインドを見る」

 








   CheckPoint 360°™   「マネジャのマネジメント状況を見る」

 

































   PMF     マネジャと部下の状況を見る

 





















   レジリエンス    社員の「起ちあがる力」を見る



























   








タレントマネジメント

 

 

 


























ページの先頭へ