誰を雇うか? これからの時代、自ら新しい事を考えられて、忖度なしに進められる人材が、どんどん出てきます。

今までの採用基準ではなく、やる気があり、アイデアを考え出せる人材を採用しましょう!

アセスメントをして、面接者の「個人グラフ」を取り、作成した「パフォーマンスモデル」と比較して、

候補者の部門や仕事内容に「ジョブマッチ」する人材を選ぶ方法です。

ページの先頭へ