今の時代、仕事の中で、自分の優位性を相手のアピールして、

 

認めさせようとする「マウンティング」ほど、関係の構築や

 

仕事の進捗に危害を与える行動は、ありません。

 

 

相手との会話を「マウンティング」しないで、仕事を進めましょう。

 

 

自分より若い相手に「マウンティング」をすると、相手は、一応は、あなたの話を聞くかもしれませんが、

 

あなたは、相手にされない可能性があります。

 

 

相手にされないので、こちらの言う事を聞いてくれないという事になります。

 

 

「マウンティング」しないコミュニケーションとは、相手の年齢が、自分より下だったり、

 

経験が、自分より少なくても、決して上から目線の会話をしないで、相手が何を考えているかを

 

聞いて、良ければ「良い」と、悪ければ、自分の経験を持ち出さないで、

 

経験を持ち出すとそこから「マウンティング」状態に入ってしまいますので、

 

「こうした方が、良いのではないか」と相手と意見を交わすように話を進めていくと良いと

 

思います。

 

 

そして、「どう思う?」と聞いてみる。

 

相手が、違う意見を言ってきたら、それが、間違っていなければ、「そうかもしれないな」と言って

 

相手の意見を受け入れる必要があります。

 

 

その様な会話になっていない場合は、

 

「マウンティング」してくる相手に対して、相手は、まともに対応してくれなくなる可能性があります。

 

 

 

 

ページの先頭へ

 

 

 

 

「マウンティング」しないで、社内の仕事を進めましょう!