ジョブ型雇用に移行する迄に、社員がやらなければならない事

自分の課題を見つける事

 

仕事をする上で、自分の課題を探さない人は、いかに多いことか。

 

仕事が、慣れてくるとその慣れたルーチンワークに沿って毎日、仕事をしている方の多い事。

 

自分の課題は、自分ではなかなかわかりません。

 

人から遠回しに指摘されても、それが自分の課題であると思わずに、指摘に対して反感を持つ方もいます。

 

ジョブ型雇用は、成果を求められる雇用です。

 

成果は、今迄通りの仕事をしていては、上がりません。

 

今迄通りの仕事ではなく、成果を上げるためにどうしたら良いかを自分で、考える必要があります。

 

成果を上げる事を前提に考えると、人には、必ず課題があります。

 

自分の課題を見つけて、改善していく事によって、成果は、上がります。

 

自分の課題を発見するには、自分が、どいういう人間かを把握する必要があります。

 

把握するには、人との比較が必要です。

 

比較しないで、自分が、どのような人かはわかりません。

 

それでは、あなたは、課題を発見するために、どのようにして他の人と自分を比較するのでしょうか?

 

スポーツを例に挙げれば、人と比べて足が速い。人と比べてパワーがあるというように

わかりやすいと思います。

 

それでは、仕事においてはいかがでしょうか?

 

営業員ですと、売り上げが、社内で一番多い。売り上げが、一番少ないと比較できます。

 

更に掘り下げていくと、他の営業員と比べて、「社交性」が高い。

 

なので新規の顧客開拓をやる営業をしているし、出来るというように理解できると思います。

 

まず、営業員が、成果を上げるために自分は、他の営業員と比べて「社交性」は高いのか、低いのかを知る必要があります。

 

もし、「社交性」が低いのなら、どうやったら人とのコミュニケーションを高められるかという課題が出てきます。

 

成果を上げるためには、自分の職種において、自分と他の社員と比べてどうなのかを理解するところから、

自分の課題を発見することが出来ます。

 

自分の課題を発見できないと、自分で自分を成長させるのは、難しいのではないでしょうか。

 

ジョブ型雇用の場合、言われたことを言われたようにやる仕事ではありません。

 

目標を自ら掲げて、承認してもらい、自ら達成する働き方になります。

 

自分の健康状態を知るには、健康診断が必要です。

 

健康診断によって、数値化されます。

 

 

自分を知るためには、健康診断のようなアセスメントが必要です。

 

営業員の方専用のアセスメントが、Profiles Sales Assessment™ です。

 

このアセスメントによって、他の人と比較ができます。

 

 

Profiles Sales Assessment™ のページへ

 

ジョブ型雇用への対応は、自分の課題を知り、それを改善していく必要があります。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ