会社を発展させる為、ProfileXT®を使う

どの様に適材適所に人材を配置するか?

現在の人材配置は、人材を適材適所に配置しているという自信は、ございますか?

 

人材の配置は、どの様に決めましたか? 決めていますか?

 

ある会社では、新入社員の見た目で、営業に配属先を決めて、2年後に、退職しました。

 

ある会社では、辞めたいった社員の多くは、“地頭”が良かった社員でした。

大事な人材を失っていきました。

 

この問題は、“あいつは、~だったから” “辞めていったから、しようがない” という言葉で納得していく事は、

これからの時代、企業にとって、死活問題になってきます。

 

ProfileXT®は、過去20年にわたって、全世界125ヶ国、33言語、世界4万社、5,000万人の実績があります。

 


 
















 




 









 


 

 

ProfileXT® を効果的に活用する事を通じて、人材とその職務との間に優れたフィット(マッチ)を
実現することが
可能になります。

 

ProfileXT®は、尺度の内容的妥当性を確立する為、専門家によって構成されたパネルグループが、
構成概念を測定する為に
選ばれました。

 

専門家パネルには、3人の心理学者、2人の教育測定専門家が参加しました。

全員が、専門分野で博士号を持ち、アセスメント心理測定学や産業組織心理学の分野で、豊富な経験を
有していました。

 

ProfileXT®は、「各人材の行動特性」、「興味」、「認知能力(思考スタイル)」を評価(アセスメント)します。

これらの3つの領域は、その人材に対して、人材と職務によりよいフィットを導き出す特徴を確認する為に
使う事が出来ます。

 

職務マッチのプロセスは、その人材をその職務に成功を収めた他の人の特性と比較します。

 

ProfileXT®のアセスメント結果により、その人材とその職務との潜在的なマッチを分析します。

 

このProfileXT®のアセスメントを通じて、意思決定者は、候補者に関する情報を得られます。

そして、いかに職務にフィットするかの情報を、どの様に考慮して使用するかという情報も得る事が出来ます。

 

ProfileXT®アセスメントのレポートは、平易な文章で、作成されます。

 

読みやすいレポートということは、資格のあるライセンスのある専門家が、解釈する必要がない事を意味します。

 

ProfileXT®の効果を活用して、職場での効果的なチームや部門の後継者選定、育成計画、訓練プログラムを
発展させて
職場の監督方法を向上させる事に役立つ方法をご提供します。

 

個人の特性とその職務で成功する為に求められる特性の一致度が高ければ高い程、マッチのパーセントも
高くなります。

この結果、簡単に各個人の職務へのマッチ度を理解する事が可能になります。

 

 

ProfileXT®のアセスメントは、一度受ければ、再度受ける必要はないとされています。

 

 

 

ページの先頭へ