7.「お客様は、〇〇のような製品は、必要ないんですか?」と聞いてみて、お客様が、全然興味を示さなかったらどうするか?

その時のお客様の雰囲気が、どうなのかを感じる必要があります。

 お客様が、全然のってこない場合の対応としては、次の対応があります。

・お客様が、こちらに対して、好意的でない場合は、世間話等に切り替えて、お客様とのコミュニケーションを

取っていき、関係を深めていくことが、必要です。

この場合、お会いいただいたことの感謝の気持ちを持って、接していきます。

 

・お客様自身が、営業員が提案している製品に対して、担当していない場合は、「~様は、このような

製品に対して、ご担当されていないんですか?御社で、どの部署の方が、ご担当されていますか?」

というように聞いていきます。

 

担当されていないんですかとどの部署の方が、担当しているかを一度に聞きます。

別々に聞くと、お客様との雰囲気が、悪くなっていく可能性があります。

 

聞き方は、どの部署の方と聞き、誰が、担当していますかとは、聞きません。

誰がと聞くと、答えてくれない可能性が、あるからです。

 

・営業員は、自社の別の話題をして、御社は、いかがですかと聞いていきます。

 

・営業員は、自社の別の話題を話します。

 

お客様の状況によって、対応を変えていきます。

 

とにかく、お客様とコミュニケーションを取り人間関係を構築していくようにすることが、重要です。

 

・コミュニケーションを取ったら、最後にお客様に対して、何か提案することを一方的に言って、“続く”にします。

 

例えば、「今度、~のセミナーを開催するので、メールでご案内を送らせていただきます」

 

「今度、~の展示会に出展しますので、入場券をお送りします」

 

“続く”にして、面談を終了します。