18.お客様がどういう人かを知る。

営業をしていく上で、重要なのは、お客様がどういう人かを知る事です。

 

そのお客様がどういう人かによって、そのお客様に合うように営業を変えていきます。

 

そのお客様に合わせる事が、営業にとって買っていただくために重要です。

 

合わせるという事は、お客様と対面して話しているとき、オンラインで話している時も同様ですが、

お客様が、鏡を見て自分と話しているような感じを受けさせるように会話を合わせていきます。

 

話すスピードやイントネーションを合わせます。

 

お客様が、鏡を見て、自分と話しているような感じにもっていく事が重要です。

 

 

お客様が、自分と話しているような感じに持っていけると、

お客様は、営業員が進める製品やサービスを自分が決めるような感じに持っていかれる

可能性が、出てきます。

 

営業員は、お客様が、営業員が進めるものに対して、自ら納得していくような会話に

持っていきましょう。

 

 

そうすると、お客様は、自ら納得して、決めていただける可能性があります。

 

営業員は、お客様毎に、そのお客様と同じようになっていき営業をすると成功する可能性が、アップしていきます。

 

 

 

ページの先頭へ