今からなら、まだ、間に合います!

 

現在の会社の状況

 

・トップから、社員一人一人の状況など、見えない状況です。

 

⇒わかっていても、それどころではない。

 

⇒部下に任せているから。

 

◎ここであげる2020年問題

 

・「団塊ジュニア世代」が、管理職のほとんどを占める事による、これからのAI等、新しいビジネス時代に対応していくのに困難な事。

 

⇒情報が、直ぐに入る時代、今迄の管理職のやり方を団塊ジュニア世代が、団塊世代のマネジメント方法を継承して、「頑張ってやれ」と言っても

従業員は、反応しない時代。

 

⇒今の自社のビジネス方法が、ここ数年で、AIを使っている他の企業に置き換えられて、これまでのビジネス案件を失うこともある時代。

 

◎2020年に向けて、どうしたらよいか

 

・今の時代に対応できる潜在的な能力があるにも関わらず、今迄の段階の世代、ジュニア世代が作り上げてきたビジネス、マネジメント方法に

 対応していない社員の登用。

 

・今の時代に合った適材適所への配置転換、育成・

 

◎2020年に向けての改革の方法

 

・現状の分析

 

①   現状のビジネス方法を解明

 

詳しくは、

 

②   社員の「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」をアセスメント

 

詳しくは、

 

③   営業員の行動をサーベイ

 

詳しくは、

 

④   営業員の営業力をサーベイ

 

詳しくは、

 

⑤   社員をカウンセリング

 

詳しくは、

 

⑥   社内の仕事の流れを解明

 

社員が、自己の仕事をスムーズに進められているか?

 

進められていない原因があるとしたら、それを取り除く必要があります。

 

「社内評論家」「社内法律家」「社内政治家」の行動の監視

 

・「社内評論家」:マネジメントに対しての文句ばかりを言って、積極的に仕事を進めない。

 

・「社内法律家」:社内ルールを主張する。お客様の要望を受け付けない。

 

・「社内政治家」:親しい上司に取り入り、自分の思い通りに仕事をすすめようとする。

 

社員が、「社内評論家」「社内法律家」「社内政治家」によって、仕事を積極的に進められない事の排除をする。


詳しくは、

 

 

 

◎人事制度改革によらない改革の作成

 

 人事制度改革による人件費削減による改革では、従業員の自らの仕事への意欲の向上と新しいビジネス方法への意向は、のぞめないと思います。

 

◎社員育成

 

・アサーティブ・ディスカッショントレーニングの実施。言えない。聞けないが、現状です。(自分の考えを上司に言える。上司は、聞けるトレーニング)

 

 

・営業力強化

 

 

・顧客開拓戦略ワークショップ

 

詳しくは、

 

 

詳しくは、お問い合わせ下さい。

 

 

ページの先頭へ

 



トップページへ




2020年問題、2020年以降に不景気になるであろう対策を
「タレントマネジメント」で今から、対策していきましょう!