どの様にしたら、時代に合わせて、仕事のやり方を変えたり、

新しいプロジェクトを開始出来るのでしょうか?

 

その方法の一つは、社内の優秀な人材を他部署から、営業部に異動させる事です。

 

 

その理由は、

 

 

1.営業員は、お客様とやり取りをします。

 

2.営業員は、お客様とのやり取りを実行する為、社内とやり取りをします。

 

3.営業員は、自社の製品やサービスが、有力なモノかを、

お客様とのやり取りから、知る事が出来ます。

 

 

会社が、活性化する方法は、優秀な営業員が必要であるという事です。

 

 

実際に製品やサービスが、“頭”で考えた産物ではなく、お客様が望むモノ、

お客様が、買っていただけるモノを創り出す事が営業員は、その環境にいます。

 

 

トップの方が、考えたモノを、お客様に買っていただけるか聞いて回る事が出来ます。

 

 

今迄、御社の営業員の方が、それが出来ていなければ、

社内から、“優秀な営業員”を人選して、
異動するということは、いかがでしょうか?

 

 

社内で、優秀な方ですから、現在の部署でも、必要な方です。

 

しかし、“茹でガエル”に成らないためには、会社の“エース”を投入する必要があります。

 

 

どの様にして、その優秀な営業員を探すのか?

 

 

  1. 御社の営業の“パフォーマンスモデル”を作成します。

 

 

 

  1. 候補者マッチングデータを作成します。

 

 

  

 

  1. 候補者を選定して、使命を与えます。

 

  

 

  1. 営業の原理原則を指導します。(90分間X1)

 

  1. 2時間X4回の営業研修を実行します。

 

 

詳しくは、お問い合わせ下さい。

 

 

 

ページの先頭へ

 

 

 

 

 

営業部に社内の優秀な人材を異動させて、

新しくプロジェクトを始めてみませんか?