タレントマネジメントをする企業は、増えてきています。

 

しかし、タレントマネジメントをしてもその後、その方に適切な指導をしなければ、上手く活動できない事が、見うけられています。

 

その為、タレントマネジメントなんか必要ないというようになっている企業がいらっしゃる可能性があります。

 

これは、非常に勿体ないことです。

 

 

結果を出すためには、タレントマネジメントで、その部署に向いている適任者を選定して、その後、適切にその方の「思考スタイル」や

「行動特性」、「仕事への興味」に合わせて、適切な指導をする必要があります。

 

 

適切な指導が必要です。

 

適切な指導は、長時間難しい事を教える必要はありません。

 

 

御社のマネジャの方は、それが出来るでしょうか?

 

出来るかどうかは、マネジャの方の「思考スタイル」「行動特性」「仕事への興味」を調べてみる事です。

 

その後、指導の方法を理解していただく必要があります。

 

 

自分の事が、わかると、どのようにしていけばよいかがわかります。


自分のマインドを調べて、今までにProfileXT®のアセスメントを受けた人と対比すると良くわかります。 のページへ

 

 

 

せっかく、タレントマネジメントを実行して、その後の進め方が出来ていないで、上手くいかないという事は、とても勿体ないと思います。

 

 

 








 

営業員のタレントマネジメントをして重要なのは、適任者を選んで、
その後、やり方を教える事です。