時代の変革と共に、今迄、いろいろな研修をやってたが、効果は、あったのだろうかという事を検証して、

今後、どのように人材育成を進めていくか検討する時期に入っています。

 

人材育成をどのように進めるかの新しいやる方は、次のようなやり方です。

 

1.研修での「反応の測定」

 

参加社員の研修を受ける姿勢、研修での対応、研修での会話をチェックします。

これが、とても重要です。

 

反応を見る事によって、現場で成長する人材かどうかの可能性がわかります。

 

研修を受ける姿勢を見ていると参加者について、よくわかります。

その姿は、現場での仕事に出てきます。

 

 

2.研修の効果測定

 

研修で、学んだことが、出来ているかの確認を現場で、実行します。

 

その後、書籍を読んで学んでいるかの確認もします。

 

 

3.現場でのリストを使用してのチェック

 

  1. .① 効果大のメンバー

 

  1. .② 効果小のメンバー

 

人選します。

 

4.タレントマネジメントでの個人ごとの理由の解明

 

なぜ、効果があったのか?

 

なぜ、効果がなかったのか?

 

ProfileXT® でアセスメントをして、理由を解明させます。

 

 

5.その後の対応の検討

 

6.実施

 

7.効果測定

 

8.その後の展開の検討

 

 

 

詳しくは、メールでお問い合わせください。

 

 

 

ページの先頭へ

 

 

 














 

 

人材育成のやり方を変えたい・・・。