「お客様は、〇〇のような製品は、必要ないんですか?」と聞いてみます。

 

その様に聞くと、お客様は、本音で、現在の状況等を答えていただける可能性があります。

 

そして、お客様が言ってきた言葉に対して、お客様は、そういってきたので、営業員は、同意していきます。

 

営業員が、どう思っていても、お客様がそう思っているなら、どうする必要があります。

 

営業員は、お客様との会話から、お客様が望みそうな製品やサービスがわかったら、そちらの方に話を進めていきます。

 

 

 











6.ところで、営業員は、お客様に「~は、こんな事が、出来るんですよ」と言って、黙った後、お客様が、

興味を持ったような事を言ってこなかったらどうするか?