お客様が喜ぶアイデアを営業員が考えて、実行することの重要性

『発想法』

 IoT、AIと世の中の仕組みが急激に変化している今の時代、いつも同じことをお客様に提案している営業員では、自社の将来がありません。自社の現在のビジネスから、イノベーションを実行できる会社が、これからの時代に成長していきます。
 
 それでは、どのように、イノベーションを営業が、考え出してお客様に提案していけばよいのでしょうか?
それは、まず、営業員がお客様の会社のキーパーソンの方を探して、その人に営業をしていくことです。
お客様の会社でも、今後どのようにビジネスを進めていかなければならないかを考えなければなりません。
今後のビジネスを考えるのが、キーパーソンです。
営業員は、そのキーパーソンの方と営業をすることが、とても重要なことです。
キーパーソンは、トップとも繋がっていて、ライトパーソン(技術の責任者)にも繋がっています。
キーパーソンに営業して、営業員は、イノベーションを実行するのです。

 どのように営業員が、キーパーソンと営業を実行するかは、キーパーソンに営業員は、情報を投げることです。
その情報に対して、キーパーソンの方に考えてもらい、キーパーソンと一緒にお客様の会社で何を今後していけばよいかを考えていくことです。お客様が実行しないことに会社として、先に投資して製品を作り、この製品は、いかがですか?というやり方のビジネスは、もう古いやり方です。お客様と一緒にお客様の製品を考えられる。キーパーソンが、自社の必要な製品を考えるお手伝いが出来る営業員が、これからとても必要になってきます。
キーパーソンが、自社の新製品のことを考えられて、そのお手伝いをした営業員から購入するという流れになっていく必要があります。
お客様からの発注があって製品やサービスを作り始めるというスタイルを営業員は取るべきです。
お客様からの発注があるので、自社の先行投資の必要もなくなります。

 キーパーソンと一緒にお客様の会社のイノベーションを受講できる営業員を育てましょう!

 どのようにしたら、営業員がイノベーション出来るかは、「発想法」を使って、発送していく方法を営業員が身につける必要があります。
営業員に「発想法」を身につけさせましょう!

戻る